BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブリッツェン小野寺玲がスプリントを制して優勝! 三菱地所おおいたいこいの道クリテリウム

UCI(国際自転車競技連合)公認の国際レース「OITAサイクルフェス!!!2021」の初日レース、「三菱地所おおいたいこいの道クリテリウムが10月9日(土)、大分市で開催された。

会場は大分駅前に位置するシンボルロード「大分いこいの道」で、全13チームが全長40kmの目まぐるしい高速レースを展開。15人の先頭集団でのゴールスプリント争いは、JCL登録チームである宇都宮ブリッツェンの小野寺玲が制して優勝を飾るとともに、JCLの個人ランキングでもトップに返り咲いた。

大分駅前のシンボルロード「大分いこいの道」がレースコースに

レースは大分駅・上野の森口すぐ目の前にあるシンボルロード「大分いこいの道」に、1周1kmの特設コースが作られて行われた。13チーム、75人の選手は大分市の佐藤樹一郎市長の号砲で、40周回40kmのレースがスタート。

序盤はシマノレーシングの選手が代わる代わる単独でアタック。抜け出しを図る動きが生まれるが、集団前方では強力なスペイン人選手を擁するマトリックスパワータグが、早々にコントロールを開始。次々と逃げの動きを潰し、集団は一つのまま推移した。10周目の周回賞は地元・スパークルおおいたレーシングチームの孫崎大樹が取ったが、レースの流れを変えるには至らず、見た目の上では静かな前半戦となった。

地元チーム・スパークルおおいたレーシングチームの孫崎大樹が最初の周回賞を獲得

落車で集団が分断

落車で分断した集団をマトリックスパワータグ勢がペースアップする

レースが動いたのは、次の周回賞がかかった20周目。集団内で落車が発生し、これにより集団が2つに分断してしまう。遅れずに残ったのは20人程度。後続集団の選手も前に追い付きにかかるが、有力なスプリンターも後方に取り残されたことを察知した先頭集団のチームが、再びペースアップを開始。後方からは本多晴飛(VC福岡)ら数人の選手が追い付いたものの、大部分が先頭には復帰できなかった。

地元期待のスプリンター・沢田桂太郎(先頭)は後方集団に沈んでしまう

特に地元・スパークルおおいたレーシングチームは、大部分が後方集団に取り残され、エーススプリンターの沢田桂太郎もあと一歩で先頭集団に復帰できず。唯一先頭に残っていた孫崎大樹も、ペースアップに付いていけず脱落し、スピードレースで期待のかかった地元チームとしては悔しい展開になった。

後方集団からは、タイムトライアルを得意とする小石祐馬(チーム右京相模原)が単独で追走に成功したが、これが最終便。最終的には18人の先頭集団となった。この中には序盤からレースをコントロールするマトリックスパワータグと、宇都宮ブリッツェンが5人ずつ、チーム右京相模原が3人、キナンサイクリングチームが2人、ヴィクトワール広島、VC福岡、愛三工業レーシングチームが1人ずつを送り込んだ。

18人の先頭集団が終盤の展開をうかがいながら進む

小野寺「自分の力を信じて」ロングスパート

18人の先頭集団が終盤の展開をうかがいながら進む

2回目と3回目の周回賞は、安原大貴(マトリックスパワータグ)が獲得した。先頭集団は序盤から変わらずマトリックスパワータグが固めてコントロールし、残り周回を減らしていく。しかし他のチームも最終スプリントに向けて態勢を整えて最終盤に臨む。ラスト1周を前に先頭に躍り出たのは宇都宮ブリッツェン。さらに第1の180度コーナー出口では、キナンサイクリングチームが先頭を奪った。

最終周回に入るところで宇都宮ブリッツェン勢が先頭を奪う。ベテラン2人が残ったキナンサイクリングチームも前をうかがう

ファイナルラップの激しい先頭の位置取り争いから、最終コーナーを先頭で立ち上がったのは西村大輝(宇都宮ブリッツェン)。2番手にはフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)が入るが、その後ろをブリッツェンのスプリンター小野寺が3番手の好位置を確保した。

小野寺はホームストレートに入ってすぐにロングスプリントを開始。後ろから中島康晴(キナンサイクリングチーム)、吉田隼人(マトリックスパワータグ)が迫るが、「自分の力を信じてゴールまでもがききった」という小野寺の勢いが優り、そのまま先頭を譲らずフィニッシュ。得意の「オノデライダーポーズ」を決めての勝利となった。2位は吉田、3位は中島が入った。

3人が競り合ったゴールスプリントは、ロングスパートを決めた小野寺玲(左端)に軍配

優勝した小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)のコメント

この素晴らしい天気の中、久しぶりにお客さんもいる中で、一番にゴールに飛び込めて本当にうれしいです。
集団が割れることは想定外だったのですが、終始マトリックスパワータグのコントロールの中で、我々も枚数を残すことができて、最後はチームメートがうまく機転を利かせて僕を良い位置に持って行ってくれたので、そこからは自分を信じて自分で勝負するだけでした。
今日こうして勝ってチームにも良い弾みが付いて、自分自身もロードレースでの勝利を狙っているので、明日も引き続き頑張ります。

【リザルト】三菱地所おおいたいこいの道クリテリウム

(40km・平均速度43.75km/h)

1 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) 54’51”
2 吉田隼人(マトリックスパワータグ)  +0″
3 中島康晴(キナンサイクリングチーム)  +0″
4  岡本 隼(愛三工業レーシングチーム) +0″
5 本多晴飛(VC福岡) +0″
6 安原大貴(マトリックスパワータグ)  +0″
7 宇賀隆貴(チーム右京相模原) +0″
8 畑中勇介(キナンサイクリングチーム) +0″
9 阿曽圭佑(ヴィクトワール広島)  +0″
10 石原悠希(チーム右京相模原) +0″

シャンパンファイトはノンアルコールのペリエで

JCLランキングでも小野寺が逆転リーダーに

今大会は三菱地所JCLプロロードレースツアーのポイント付与対象大会になっており、JCL登録の選手は順位に応じ、レーティング★★のポイントが与えられた。この結果、個人ランキングではこの日優勝した小野寺が逆転し、第2戦以来の首位に返り咲いた。またU23ランキングでも、この日5位に食い込んだ本多が再びリーダーの座に立った。

JCL 個人ランキングトップ

小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

JCL U23ランキングトップ

本多晴飛(VC福岡)

【動画】おおいたいこいの道クリテリウム

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load