BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ボロボロになった小径車をレストア! ダホンをバラして組み上げる

PAGE
2 / 5

専用パーツを壊さないよう、ダホンをバラす

まずはバラす。パーツをそれぞれ外しながら、状態をチェックする。小径車の場合、特殊な専用パーツが使われていることもあるので、壊さないように注意して外す。
このダホンは小径車だが、フロントにサスペンションがある以外は、比較的標準的なパーツ構成だ。ただしヘッドはアヘッドなのに、高さを調整できる特殊なステムが組み込まれていた。
サスペンション構造はバイクによりけりで、分解すると特殊な構造ゆえ後戻りできない可能性もある。そのため今回は、クリーニングをしてリンク部分に注油するのみにとどめた。

クランクを抜いてBBを取り出す

専用工具でクランクを外し、カートリッジ式のBBを取り出す。雨水と油汚れの固まりとなっていたが、回転はスムーズだったので再利用することに。

ブレーキを外す

ブレーキはキャリパータイプ。フロントフォークが特殊な構造なので、フロントにリア用、リアにフロント用が使われていた。1台分のブレーキセットをうまく使いたいメーカーの工夫だろうか。

ブレーキを外す
沈頭式でないナットで固定されていた

シフターをハンドルから外す

バーコンという、バーエンドで操作するシフターだ。マイナスドライバーでレバー本体を外し、台座部分は6㎜のレンチで外す。ここは逆ネジになっている。

前後メカを外す

フロントは直付けタイプのメカ。リアメカは8速時代のシマノ・ティアグラが使われていた。ガイドプーリーはガタガタで故障しているが、本体はクリーニング&注油をすれば使えそうだ。

ステム&ヘッド部を外す

スペーサーの入れ替えで高さを調整するアヘッドステムだが、これはシムを介して装着するタイプで、シム上をステムが上下することで高さ調節できる。ちょっと変わった構造。

スプロケットを外す

真っ黒な油汚れの固まりのようなスプロケット。タイヤをつけたまま作業したほうが、リムを傷めずにすむ。外してドブ浸けでクリーニング。

タイヤを外す

最後にタイヤを外す。使い切ってケーシングまで出ていたタイヤ。ある意味なかなかの耐久力といえる。もちろん新品に交換だ。次も同じシュワルベのタイヤを使うことにする。

フレームはクリーニング&磨き

フォークとフレームのみになった。ここからすべてのパーツをクリーニング&注油する。

▼パーツの着脱やクリーニング方法がわかる「クロスバイクレストア編」の記事はこちら

クロスバイクをレストア! 眠っていたスポーツバイクを編集部員がきれいにして復活

クロスバイクをレストア! 眠っていたスポーツバイクを編集部員がきれいにして復活

2022年01月16日

Info

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load