BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

牡丹海老〈ボタンエビ〉|料理を愛する人のための魚図鑑

身も頭のミソも余さず食べ尽くせる

高級素材、そしてその美味しさから好む人が多いボタンエビ。ノコギリのようなギザギザの突起を持つ頭、大ぶりで透明感のある艶やかなピンク色の身。見た目にも美しいエビだ。

実はボタンエビは大きく成長すると性転換する。そのため、売り場で見かける大型のほとんどが雌で、珍味の卵を擁していることもある。ボタンエビとトヤマエビの両方を総称してボタンエビと呼ぶ。

おすすめの料理

刺身、昆布締め、塩焼き、天ぷら

さばき方

刺身や昆布締めにするのなら、生の状態で殻をむく。頭や足なども美味しいので、味噌汁、から揚げ、素揚げなどにして食べきろう。

DATA

分類

エビ目 タラバエビ科

学名

Pandalus nipponensis

英名

Botan Shrimp

産地

北海道の内浦湾から土佐湾にかけて生息。トヤマエビは、日本海全域と北海道。

ボタンエビの旬は春と秋。秋のボタンエビは子持ちのものが出回る。

目利きのポイント

  • 殻の中の身に透明感があれば鮮度が良い。活けなら、よく動く元気なものを選ぶこと。

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load