BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サーフボードのクルマへの積み方講座【中積み・屋根積みのポイント】

サーフィンに必要な道具を揃えたら、いよいよ出発!といきたいところだが、サーフボードやその他の持ち物すべてをどうやって運んだらよいのか考えなければいけない。サーフボードの車載の方法は2つ。サーフボード以外の持ち物と一緒に車内に積む“中積み”と、ルーフキャリアを使用する“屋根積み”だ。持ち物の量や、乗車人数に合わせて、いずれの方法でも車載できるようにしておきたい。

“中積み派”のためのラゲッジルーム活用術

サーフボードって、どうやってクルマに積むの?“中積み派”のための正しい積み方を紹介。

サーファーにとってクルマは、いい波を求めてフットワーク軽く移動するための必需品。あえて古いセダンに乗るのもカッコいいが、やっぱり便利なのはステーションワゴンや SUV、ワンボックスなどラゲッジルームが広いクルマだろう。ショートボードや短めのファンボードなら後部座席を倒せば中積みでき、安全に運べるのも魅力だ。

複数のボードを中積みする時は、ニットケースやハードケースに収納してから積み込むようにしたい。そのままだとボード同士がぶつかって破損する恐れもあるし、ワックスアップしたままボードを重ねると、ボトム(裏面)やレール(側面)にワックスがつく原因にもなる。もしもケースがない場合は、応急処置としてボードとボードの間にタオルなどを挟んでおこう。

ウェットスーツやリーシュコード、ポリタンクなどを積んだら、隙間にスケボーなどの遊び道具も載せておくといい。「潮回りや風が合うまで待とう」となった時の暇つぶしに役立つし、スケボーはサーフィンのイメトレにも最適なのだ。

ちなみにサーファーの場合、ラゲッジルームが砂だらけになりやすいので、マットなどを敷いておくと掃除がラクだ。さらに浜で見守るカノジョのビーチマットとしても活用でき、男を上げられる。

サーファーの王道はステーションワゴン

機動性と収納力を兼ね備えたステーションワゴンは不動の人気。ショートボードなら余裕で中積みできる。

ピックアップもスタイリッシュ!

海外サーファーに人気のピックアップトラック。荷台に屋根を付ければ、雨の多い日本でも活用できる。

ボードを飛ばさない屋根積みテクニック

安全に屋根積みするためのポイントとは?“中積み派”も覚えておくべし。

仲間と大人数で海に行く時や、中積みできない長いボードを運ぶ際に必要となってくる屋根積み。市販のルーフキャリアを設置し、クッションを取り付けておけば、あとはボードを積んで固定するだけだ。

屋根積みで最も注意しなければならないのが、ボードの向きである。 ボトム(裏面)を上にして、ノーズ(先端)はクルマの後ろ側に向けて積むことが大切だ。逆にすると風の抵抗を受けやすく、飛ばされる恐れがある。実際、キャリアから外れて飛ばされたボードが、後続車にぶつかるという事故も発生している。特に高速道路では凶器になりかねないので、くれぐれも気をつけたい。

キャリアの上にボードをセットする時、フィンはあえて付けたままにしておくのがポイント。フィンを固定ベルトの前に出しておくことで、ストッパーの役目を果たしてくれるからだ。ボードを2枚、3枚と重ねていく時は、下のボードのフィンに上のボードのテール(末端)を当てるイメージで重ねていこう。積み終わったら固定ベルトで緩みなく締め、グラつきがないかしっかりと確認してから出発しよう。

屋根積みのボードは、固定したつもりでも走行中に緩みが出ることがある。スピードを出し過ぎないのはもちろん、パーキングなどでこまめにチェックしながら走行しよう。

フィンが前側、上を向けてセット

屋根積みの時は、フィンは付けたままにしておく。フィンが前、そして上を向くようにして、ルーフキャリアにセットする。

固定ベルトはフィンの真後ろに

クルマ前方の固定ベルトは、フィンの真後ろで締める。こうすることで、フィンがストッパーの役目を果たしてくれる。

後方の固定ベルトも緩みなく

クルマ後方の固定ベルトもしっかりと締め、ボードにグラつきがないかどうかチェックしておく。

こまめにチェックしながら走行を

確実に固定できたら出発!ただし、走行中にベルトが緩む可能性もあるので、パーキングなどでこまめにチェックしよう。

“中積み派”も“屋根積み派”も安全に、確実に、を心がけよう。車載が完了したら、いよいよドライブを楽しみつつ、いい波を求めて出発しよう。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load