BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【Landscape】サーフタウン南相馬市・北泉海岸ってどんなとこ?

太平洋に面した福島県南相馬市は、都心からクルマで約3時間ほど。面積は約400㎢で人口は6万人弱。のんびりとした景色の広がる東北屈指のサーフタウンだ。

サーファーにとって東北エリアの玄関口とも言える北泉海岸は、コンスタントに波があり、花の広場や丘の広場など、広大な自然を味わえる施設もいっぱい。200台以上も収容する駐車場があり、多くのサーファーを受け入れている。広々としたビーチは開放的で、左側の堤防脇から中央、右の堤防脇まで、入る場所によって波の質も異なる。海岸を埋め立てて作った原町火力発電所の南側に続く北泉海岸は、防波堤の影響から大きな波が発生。サーフィンのさまざまなアクションを楽しめる胸〜頭程度の波がブレイクすることが多いため、県外からもサーファーの訪れる人気スポットだ。

初心者から上級者サーファーまでを受け入れるビーチ

初心者にもオープンなビーチで、サーフショップやプロサーファーによるサーフレッスンも開催。パワーもしっかりとある波が、サーフボードに乗る本当の楽しみを教えてくれる。

全国的にも類を見ない良質な波であることから、2006年から2010年までは世界プロサーフィン連盟が公認する「ワールド・クオリファイ・シリーズ(WQS)」が連続して開催されたこともある。同時に、NSA(日本サーフィン連盟)のコンテスト会場として選ばれることもしばしば。一昨年もこの海岸で開催されたばかりだ。

北泉海岸をホームポイントとする佐藤広プロも、この場所の波の良さに魅了される一人。プロサーファーとして全国の大会を転戦しながら、次なるプロサーファーを南相馬市から誕生させるために、サーフスクールにも力を入れている。

海と街が近いので、サーフトリップも快適!

高速道路からのアクセスがよく、遠方からも気軽にサーフトリップが楽しめるのも北泉海岸の魅力。「20人も海にいれば混雑」とローカルサーファーが話すほど、波はいつも余っている。海の周りには豊かな自然がたっぷり残っている中、少しクルマを走らせればあっという間に繁華街へ。最寄りはJR常磐線原ノ町駅で、周辺にはホテルや飲食店が数多く並んでいる。国道6号線沿いにもホテルやショップが立ち並んでおり、宿泊や食事にはまず困らない。北からの風を防ぐ山々のおかげで、冬にも雪が降らず、都心と同じ感覚でサーフィンを楽しめるのも北泉海岸ならではの特徴だ。

南相馬市の観光スポットと歴史

南相馬市で最も有名な行事と言えば、千年以上前から続く「相馬野馬追」。毎年7月末には甲冑に身を固めた総勢約400騎の騎馬武者が市街地を進軍し、豪華絢爛で勇壮な時代絵巻を繰り広げるのだ。そのため市内では多くの馬が飼育されており、一地域における頭数は世界有数。ふらりとドライブしているだけで、馬に出会うこともある。また、「相馬野馬追」が近くなると、北泉海岸を歩く馬の姿が。サーフィンをしながら非日常的な風景を眺められるのも、北泉ならでは。

 

その他にも、平安時代に作られた石仏群や東北地方で3番目に大きい桜井古墳など、国指定の史跡がいくつも残る。南相馬市と周辺地域の自然、歴史や民俗をテーマにした博物館があるので、訪れてみるのも楽しい。

南相馬産の酒米「夢の香」で作った日本酒や地元で作られるオリジナル品種の米「天のつぶ」はお土産にもおすすめ。「道の駅南相馬」や常磐自動車道南相馬鹿島SAに隣接した「セデッテかしま」には、地元の特産品が揃っているので、寄り道してみても◎。

移住したくなるほど美しい自然に囲まれた海

以前からサーファーの移住者が多い南相馬市は、北泉海岸、烏崎海岸などがメジャーなサーフスポット。うねりの向きや波質も異なるため、どこからしらでサーフィンができる。混雑とは無縁の海で豊かなサーフィンライフを送りたい。そんな人は「移住定住支援」や「起業・創業の支援」などを活用してみるのもあり。南相馬市は「テレワーク・リモートワーク」を推奨しているので、市内にはテレワークのために環境を整備した施設も揃っている。

最近では女性サーファーも増え始め、北泉海岸はさらに彩りを増してきた。夏に開催されるビーチイベントやサーフィン大会、サーファーによるライフセービング活動など、海はこれからますます盛り上がりを見せていく。サーフィンデビューしたい人はもちろん、いつも混雑した海で切磋琢磨している関東や関西サーファーにもおすすめのデスティネーションだ。

 

 

再会の海~北泉の波が呼んでいる~

サーフィンの街・南相馬市が辿る希望への歩みに、サーフィン専門メディアNALUがさまざまなコンテンツで迫る。

はじめてのサーフィン

“いつか子供と一緒にサーフィンしたい”と夢見る子育て世代のお父さんサーファーの願いをカタチにするべく、震災からの復活を歩む福島県南相馬市の北泉海岸を舞台に、あるプロジェクトが動き出しました。子供たちのサーフィン初体験物語を、「Def Tech」のMicroが結成した新ユニット「WST(ダブスト)」の楽曲にのせてお届けします。

RESTART -北泉海岸 再始動したサーフツーリズム-

“リスタート”をテーマに、福島県南相馬市・北泉海岸の「サーフツーリズム」プロジェクトに密着したドキュメンタリー。震災から11年。ローカルとビジター、サーフィンをする人としない人、みんなにやさしくてひらかれたビーチを目指して奮闘する人々の声を、サーファー・坂口憲二さんのナレーションと共にお届けします。

 

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load

x