BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

1泊で必要なガスの量はどれくらい? 山deバーナーテスト

多めに持って行くと重いけど、足りないと困る……。ガスバーナー愛用者のほとんどが悩んでいるであろう、カートリッジの適正量。実際なにを作ると、どれくらいのガスを使うのか、山で実験してみた。

テスト時の状況

標高約2,000m程度の山中でテストを実施。麓は真夏日であったために山のなかでも18℃程度と気温は高かったが、夏山のテント泊のシチュエーションと思っていただいて問題はないだろう。

  • 気温 18℃
  • 水温 20℃
  • 風 無風

「夜はドライフード、朝はラーメン、あとコーヒー2回分だけだから110gで大丈夫だろう」

そう、思いながらも「もしも」を考えると、これだけでいいのかとガスカートリッジの量に悩む出発前夜。なんとなく、これくらいあればいいだろうという目安はあっても、実際に使う量は果たしてどれくらいなのだろうか。

そこで、今回この悩みを解決すべく、現在市場に出回っている代表的なバーナーを持って山に向かい、ドライフード、パスタ、鍋など、使う水の量や沸かし続ける時間が微妙に違うものを作ってみることに。それぞれの料理に使うガスの量を軽量し、1泊でどれくらいのガスが必要か、ぼんやりと想像していたものが明確になった。

結論を言うと、1泊ならよほどのことがない限り110gサイズのカートリッジでOK。もちろん気温や水温などの条件によっても変わってくるし、雪を溶かす必要がある冬山などでは必要な量が根本的に変わってくる。だが、無雪期という前提であれば、今回の結果は目安になるだろう。もう出発前に悩むことはない、はず!

使用したバーナー

No.1 ジェットボイル/フラッシュ

  • 最高出力:2,269kcal/h
  • 重量:440g
  • 問:モンベル

2018年リニューアルし、さらに湯沸しのスピードが上がった同社の看板モデル。クッカー下部のフラックスリングによって効率良く火力が使われるので、ガスの消費量が少ない。

No.2 SOTO/マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター

  • 最高出力:2,800kcal /h
  • 重量:67g
  • 問:新富士バーナー

気温が低いときでも火力が落ちにくいマイクロレギュレーターを搭載。すり鉢状のバーナーヘッドのため風に強く、山でオールラウンドに使える。細かな火力調整もしやすい作り。

No.3 EPI/REVO-3700ストーブ

 

  • 最高出力:4,200kcal /h
  • 重量:111g
  • 問:ユニバーサルトレーディング

メッシュ状のバーナーヘッドを採用することで、コンパクトながら高い耐風性も実現し、根強い人気を誇る定番モデル。ゴトクが大きめなので、径の広いクッカーでも使いやすい。

No.4 プリムス/エクスプレス・スパイダーストーブⅡ

 

  • 最高出力:2,400kcal /h
  • 重量:195g
  • 問:イワタニ・プリムス

分離式ガスバーナーの代表モデル。バーナーヘッド上部を通るようにパイプが通っており、プレヒート効果によりガスの気化を促す。収納時は手の平に収まるコンパクトサイズに。

こちらのメニューでテスト

コーヒー・ドライフード

ドライフードは種類や好みによって違うが、どちらも基本的には150㎖程度の水を沸かすので、ガスの消費量は同程度。SOTOのウインドマスターは1分20秒程度、ジェットボイルのフラッシュは1分弱で沸騰し、結果的にガスの消費量もわずかに差が出た。

  • 水の量:150㎖
  • 使用したガスの量:バーナーNo.1/3g  バーナーNo.2/4g

ラーメン

リフィルタイプの1人前のラーメンを作った。クッカーで湯がくのでなく、説明書に従って熱湯を注いでしばらく放置。330㎖の水を使用したため、ドライフードやコーヒーの2倍程度のガス消費量となった。具材を入れて少し煮込んだらもう少しガスを使うはずだ。

  • 水の量:330㎖
  • 使用したガスの量:バーナーNo.1/6g バーナーNo.3/9g

パスタ

茹で時間4分の早ゆでパスタを100g、ソースはそのまま掛けるタイプを使っ
は少し多めの500㎖に。結果、ガス消費量もラーメンの1.5倍程度となった。事前に水に浸しておく茹で方(1分程度で茹で上がる)なら、さらなるガスの節約も可能。

  • 水の量:500㎖
  • 使用したガスの量:バーナーNo.2/14g バーナーNo.4/11g

鍋を作るシチュエーションはグループ登山が多い。ということで2人分を想定した食材で鍋を作った。細かく切った野菜、薄切りの豚肉を使用し、具材がすべて煮えたのが点火から14分後。約20gのガスを使用したが、鍋でもこの程度の消費量というのは大きな発見。

  • 水の量:500㎖
  • 使用したガスの量:バーナーNo.3/19g  バーナーNo.4/21g

白飯(炊飯)

1合の白米を炊飯。沸騰までは約5分で、それから水がなくなったのが約12分。ガスを使ったのはどちらのバーナーも17分程度で今回一番ガスを使用したが、それでも20g 程度。110サイズのカートリッジであっても、5回位は1合の炊飯ができる計算となった。

  • 水の量:200㎖
  • 使用したガスの量:バーナーNo.2/20g  バーナーNo.4/22g

まとめ

1泊なら110サイズで十分!

ドライフード程度であれば5g以下、鍋のような本格料理であっても20g程度の使用量であり、グツグツ煮込むような料理を作るのでなければ、1泊であれば夕食、朝食と普通にガスを使っても、110サイズの半分も使用しないはず。2泊3日でもこの量で問題ないだろう。3泊以上の長期山行、あるいは晩秋や雪山となったときが、250サイズのカートリッジの出番だ。

残ったカートリッジを使う場合は

中途半端に残ったカートリッジはどれくらいガスがあるのかわかりにくいもの。そこで覚えておきたいのが、空の缶の重量。個体差などもあるが、250サイズであればおおよそ150~155g 程度、110サイズであれば、おおよそ85g 前後がカートリッジの重さとなる。これを目安に総重量を測れば、ガス残量の見当がつく。

ガス残量が計れるジェットボイルのジェットゲージ。残量をパーセントで表示(重量でも表示可)。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load