BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

撥水性や透湿性を持続するために、洗おう!|ハードシェル編【ウエアメンテナンスの基本①】

**********
好評発売中「PEAKS 2023年11月号(No.162)」より、誌面記事の一部をご紹介します!
**********

「ゴアテックスは洗わないほうがいい」というのは間違いだ。ひと昔前では、防水透湿素材を採用したハードシェルなどは、撥水性などのコーティングや機能が落ちてしまいそうといった理由で洗わない人が多く、その考えが広まっていった。しかし、洗わないと本来の機能を発揮できなくなる。皮脂などの油分や汗、土やほこりなどの汚れが付着していると、防水透湿素材の孔を塞いだり、生地の表面を覆ったりしてしまうため、透湿性や撥水性が阻害されてしまう。それだけではなく、シームテープなど接着面の耐久性にも悪影響を与える。登山で着用したら、皮脂などの目に見えにくい汚れも付いているため、必ず洗おう。しっかりメンテナンスをすることで、本来の機能のまま長く使うことができる。

編集◉PEAKS編集部
文◉大堀啓太(ハタケスタジオ)
イラスト◉尚味

 

POINT1 自宅で洗える

ハードシェルは自宅で洗濯できる。まずは、ウエアについたケアラベルを必ず確認しよう。洗濯機洗いか手洗いか、乾燥をかけても大丈夫なのか否かなどが表示されている。洗剤は、柔軟剤や漂白剤が入っていないものを使用すること。これらの成分は機能を低下させてしまう。市販されているアウトドアウエア専用洗剤ならば安心だ。洗濯機で洗う場合は、生地の損傷などを防ぐため、ファスナーやベルクロを閉じて洗濯ネットに入れる。洗剤成分の残留を防ぐためにすすぎを通常の2倍にしよう。脱水はせずに取り出し、強い紫外線を避けて風通しのいい日陰に干そう。

 

POINT2 撥水性は復活できる

ハードシェルを使っていくうちに、生地の表面で水を弾きにくくなる。これは寿命ではなく、撥水性の機能低下が原因だ。そんなときには、アウトドアウエア用の撥水剤を使用して、撥水性をセルフケアしよう。ハードシェルが汚れたままでは効果が薄いため、洗濯したあとにケアするとスムーズだ。撥水剤には大きく分けて2種類ある。スプレータイプは手軽にケアできるが、ムラになる可能性がある。おすすめなのは、漬け置きタイプだ。桶などに張った撥水剤に洗濯を終えたハードシェルを浸してなじませ、指定の時間後に水気をきって陰干しするだけで完了する。

 

POINT3 破れてもリペアできる

岩や木の枝、アイゼンなどに引っ掛けて、ハードシェルを破いてしまうことも少なくない。破れてしまったから買い換えよう、という前にちょっと待ってほしい。小さな穴あきや狭い範囲のカギ裂きであれば、市販のリペアテープを使って、簡単にセルフリペアできる。リペアテープはシート状のシールのため、破れてしまった範囲の大きさに合わせてカット。破れた箇所の周りを濡れたふきんなどで汚れをよく落としてから、リペアテープを張るとしっかり貼り付く。自分で対処できない大きな範囲の場合は、アウトドアショップやメーカーに相談しよう。

 

教えてくれたのは◆さかいやスポーツ/高橋典孝さん

登山歴24年のベテランスタッフ。アウトドアウエアのメンテナンスなら、お任せ。最近は源流テンカラ釣行やトレイルランニングに没頭中だが、のんびりソロ縦走登山も大好き。

 

※この記事はPEAKS[2023年11月号 No.162]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

特別扱いせず、普通のウエアと思って付き合おう|インシュレーション編【ウエアメンテナンスの基本②】

特別扱いせず、普通のウエアと思って付き合おう|インシュレーション編【ウエアメンテナンスの基本②】

2023年10月17日

基本は汚れたら洗濯しよう!|ベースレイヤー編【ウエアメンテナンスの基本③】

基本は汚れたら洗濯しよう!|ベースレイヤー編【ウエアメンテナンスの基本③】

2023年10月20日

**********

▼PEAKS最新号のご購入はAmazonをチェック

Info

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load