BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

登山にもっていきたいファーストエイドポーチ!揃えておきたい中身も紹介

登山は、素晴らしい景色が堪能できる人気のアクティビティです。

しかし登山には、ケガや遭難の危険があることも忘れてはいけません。応急処置に使うファーストエイドキットは、ザックの中でバラバラだと取り出しにくいので、事前にポーチにまとめておく必要があります。

でも「たくさん種類があって、どのファーストエイドポーチを選べばいいか、わからない…」「どんなファーストエイドポーチが、登山に向いているの?」と思う方もいますよね。

そんなお悩みや疑問を解決するために、本記事では以下のことを解説します!

  • おすすめの登山用ファーストエイドポーチ
  • 登山用のファーストエイドポーチの選び方
  • 揃えておくべきファーストエイドキット

ファーストエイドキットが入れば、ポーチはどれでもいい訳ではありません。この記事を読めば、登山中に起こりうる「もしもの事態」に、さっと取り出せるファーストエイドポーチが見つかります。ぜひ最後までお読みください。

「もしも」のときのファーストエイドキットはポーチにまとめよう

応急処置グッズである「ファーストエイドキット」は、必ずポーチにまとめましょう。なぜなら登山中のケガや体調不良に対応するためには、スピードが大事だからです。

例えば登山では、外傷や出血の応急処置に備え、以下のグッズを準備する人が多くいます。

  • 絆創膏
  • ガーゼ
  • 包帯
  • ハサミ

もしザックの中で、これらが点在しているなら、処置に必要なものを探すのに時間がかかりますよね。一方でポーチにまとめていれば、スムーズに処置ができます。

そもそも登山中に、もしもの事態に陥らないことが大事ですが、一刻を争う状況への備えとして、ファーストエイドポーチを使って、必要なものを1箇所にまとめておきましょう。

定番のファーストエイドキットが知りたい方はこちらをチェック!

用意してますか?備えておきたい定番のファーストエイドキット

用意してますか?備えておきたい定番のファーストエイドキット

2022年03月10日

登山用ファーストエイドポーチ4選

ここでは、登山用のファーストエイドポーチを4つに厳選してご紹介します。どれも即戦力になるアイテムですので、ぜひお気に入りのポーチを見つけてください。

deuter(ドイター) ファーストエイドキット アクティブ

コンパクトですが、内側には中身が小分けできるポケットや仕切りがあるので、常備薬や絆創膏なら問題なく持ち歩くことが可能。丈夫な生地には撥水性もあり、内面がPUコーティングされているため、高い防水性を備えています。

  • メーカー参考価格:2,420円
  • サイズ:12×9×5(厚さ)cm
  • 重量:60g
  • 防水性:◯

公式サイトをみる

TATONKA(タトンカ)ファーストエイドS

ザックに収納できるコンパクトさがあり、ベルトに取り付けることも可能。仕切りがあって収納のしやすさも抜群です。高密度のナイロン生地は、丈夫なだけでなく、3重のPUコーティングによって防水性にも長けています。

  • メーカー参考価格:3,300円
  • サイズ:18×12.5×5.5(厚さ)cm
  • 重量:140g
  • 防水性:◯

公式サイトをみる

Tasmanian Tiger(タスマニアンタイガー) ファーストエイド TQ

タスマニアンタイガー・Tasmanian Tiger
¥4,400 (2023/01/28 09:10:13時点 Amazon調べ-詳細)

ドイツ発祥のブランド「タスマニアンタイガー」の製品は、ドイツ軍やフランス軍でも採用される品質。ポーチを大きく広げられるので、中身が取り出しやすくなっています。強度の高いコーデュラ700Dの生地は、ナイロンより耐水性がありますが、完全防水ではありません。

  • サイズ:16×12×4(厚さ)cm
  • 重量:130g
  • 防水性:△

公式サイトをみる

OHKEY ファーストエイド キット

ケースはハードタイプで少し大きめですが、ザックには問題なく収納が可能。防水性もあり、しっかりと中身を守ってくれます。中身がすでに揃っている商品のため、コスパの高さも魅力的です。180日間の保証があり、無償で交換対応してくれる安心感もありますよ。

  • メーカー参考価格3,980円
  • サイズ:20.5×13×6(厚さ)cm
  • 重量:367g
  • 防水性:◯

公式サイトをみる

登山用ファーストエイドポーチの選び方

ファーストエイドポーチは、中身に必要なものが揃っていれば、なんでもいい訳ではありません。ここでは、登山用ファーストエイドポーチの選び方を解説します。

カラーは見つけやすい赤がおすすめ

ファーストエイドのポーチは、赤色がおすすめ。理由は、ザックの中に他にものが入っていても見つけやすいからです。

緊急の場合はスピードが大事なので、他の荷物に紛れない明るい色であれば、すぐに見つけられます。信号の「止まれ」が、万国共通で「赤」であるように、注意を引くのに最適な色は赤です。

また登山中のケガは、自分で対応できない場合もあります。人に処置を頼むときは、誰が見ても一目でファーストエイドキットがあると判断できることが大事です。ポーチは、赤色に白十字が書いてあるベーシックなデザインを選びましょう。

防水性のあるポーチは安心

ファーストエイドポーチは、防水性があるものを選びましょう。キットが濡れると、応急処置に使えなくなったり、品質を下げてしまったりする可能性があります。

登山中に雨が降るときは、ザックをカバーで覆うなど対策はできます。しかし強風で長時間の雨にさらされると、浸水する可能性も…。肝心なときに、中身が役に立たない状態になったら困りますよね。

身の安全を守る大事なアイテムを守るために、念には念を入れ、防水性の高いファーストエイドポーチを選びましょう。

邪魔にならないサイズ感

ファーストエイドポーチは、ほどよいサイズ感も大事です。

あまりに大きすぎても、ザックのスペースをとって邪魔になりますし、小さすぎても必要なグッズが入らなくて困ります。また登山では荷物を減らし、ザックを軽くすることも、無駄な体力の消耗を防ぐために重要です。

登山の日数などにもよりますが、日帰りや1泊2日なら、

  • 縦:9〜13cm
  • 横:12〜20cm
  • 奥行き:5〜6cm

ほどのサイズ感がいいでしょう。

軽さや強度にも留意すれば、さらにベストなファーストエイドポーチが見つかります。

揃えておきたいファーストエイドキットの中身

ファーストエイドポーチ選びで大事なポイントは理解したけれど、肝心な中身をどうするか迷う方もいるでしょう。

必要なものがないと、もしもの状況に対応できません。
「日ごろから揃えておきたいファーストエイドキット」について、以下の記事で解説していますので、ぜひポーチの中身もチェックしておきましょう。

日ごろから揃えておきたいファーストエイドキット

日ごろから揃えておきたいファーストエイドキット

2022年04月11日

またファーストエイドキットの中身やポーチは、いろいろなシーンに合わせて、選ぶことも大事です。

例えば登山やトレイルランの場合でも中身は微妙に変わりますし、行程の長さや登山の険しさでも、中身を変えたほうがいいケースがあります。上級者の方が、どのようにファーストエイドポーチの中身を決めているか、気になりますよね。

経験豊富なベテラン登山家たちがこだわる、ファーストエイドポーチの実例を学びたい方は、以下の記事をぜひご覧ください。

ファーストエイド&エマージェンシーキット拝見

ファーストエイド&エマージェンシーキット拝見

2020年06月09日

登山のファーストエイドキッドはまとめてポーチに収納しよう

登山用品の中では決して派手な存在ではないので、気を抜けば後回しになりがちなファーストエイドポーチ。しかし、その存在はとても重要です。

危険な事態に遭遇しないことが大事ですが、登山には100%の安全はありません。不慮のケガや急な体調の変化から、自分や周囲の人を守るために、ファーストエイドポーチとその中身はしっかり備えておきましょう。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load

x