BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

飛行機輪行でロードバイク旅を楽しもう!知っておきたい空輸テクニック&疑問集

PAGE
5 / 9

CASE3 国際線(JAL規定)対応のパッキング術

飛行機の受託荷物の大きさの規定がある海外への輸送の機会が多い人や、宅配の場合でもよりコンパクトに収納したいという人には、3辺合計が203cmのバイクポーターPROがおすすめ。バイクポーターSTDと違い、バイクの分解を細かく行う必要がある。

バイクポーター専用バッグSTD用、PRO用ともに7000円(税抜)。

ディレイラーや各パーツをていねいに梱包しよう

リアディレイラーを外す。エンドのツメにトルクがかかった状態で付いているので、外れる瞬間に飛ばないように手で支えながら行う。

外したリアディレイラーを梱包材で保護し、タイラップでチェーンステーに固定する。リアディレイラーなどが重さでブラブラしないようにしっかりと固定しよう。

サドルクランプのボルトをゆるめ、サドルとシートポストを外す。クランプが外れないようにボルトは締め直しておく。クランプ部分はタオルで保護するといい。

ハンドルをステムから外し、前輪のブレーキキャリパーも外す。各部分のボルトなどをなくさないよう軽く締め直しておく。

前後輪を外し、クイックを抜く。バイクを倒立させ、フレームやクランクに梱包材を取り付ける。ハンドルとキャリパーをフォークに固定、前後輪でフレームをはさんで固定する。

固定した状態のまま、輪行箱に収納する。小物類やペダル、前後輪のクイック、サドルなど、外したすべてのパーツを忘れずに梱包し、すきまに収納する。

 

キャスターを取り付ければ運搬がよりラクに

別売りの専用マルチキャスター(5500円/税抜)を、バイクポーターの底面の赤いベルトに取り付けることで、輪行箱を転がして移動できる。空港やホテルでの運搬に便利。STD、PRO共通

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load