BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【埼玉県版】ソロキャンプ場おすすめ6選シリーズ!ソロ専用キャンプ場も

埼玉県のキャンプ場には渓流や川などに恵まれたところが多くあります。水遊びや釣りなどをして楽しめるキャンプ場が豊富にあり、釣った魚を調理しながらキャンプ気分を味わうのもおすすめです。

しかし、埼玉県に点在するキャンプ場は豊富にあるため、場所を選ぶ際に悩む方も多いでしょう。ソロキャンプをするなら、静かな環境でゆったりと過ごしたいですよね。

そこで今回は、埼玉県内で楽しめるソロキャンプ場を紹介します!車だけでなく電車やバスでも行けるキャンプ場も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ソロキャンプに適した場所を選ぶときのポイント

ソロキャンプに適した場所を選ぶ際、以下のポイントを押さえておくと決めやすいです。

  • 目的に合わせてエリアを決める
  • 管理棟の有無&管理人の常駐
  • サイトのチョイス
  • 炊事棟、トイレ、売店など設備
  • 車の乗り入れができるのか
  • 公共交通機関の場合はアクセスの良さもポイント

以下の記事では、ソロキャンプ場を選ぶ際のポイントについて詳しく解説しています。東日本・西日本などのおすすめキャンプ場も紹介しているので、他県のキャンプ場に興味がある方もぜひご覧になってください。

ソロキャンプの場所を選ぼう!注意点やおすすめキャンプ場も紹介

ソロキャンプの場所を選ぼう!注意点やおすすめキャンプ場も紹介

2022年06月22日

埼玉県のソロキャンプ場の特徴

埼玉県のキャンプ場は林間や川などが多く、自然が豊富なので初心者から上級者まで快適に過ごすことができます。野鳥のさえずり、川のせせらぎなどを聴きながら焚き火をするのもいいですね。

さらに都心から電車やバスを使い、約1~2時間程度で行けるのでアクセスは良好。最寄駅から徒歩で行けるキャンプ場も多いので、車を持っていない方でも手軽にキャンプを楽しめます。

また埼玉県にはソロ・女性専用のキャンプ場もあるため、静かな環境で過ごしたい方は探してみるといいですよ。

埼玉県のソロキャンプスポット4選!

ここでは、埼玉県に点在するソロキャンプを楽しめるキャンプ場を紹介します!最寄駅から近いキャンプ場も紹介するので、荷物が多い方もぜひ参考にしてみてくださいね。

スプラッシュガーデン秩父

「区画が広く、快適にキャンプが出来る場所でした!」/画像・コメント提供:@namakemonopocke ナマケモノキャンパー ぽっけ様

秩父市の自然豊かな場所にあるキャンプ場。都心から電車を使って約1時間程度で行けるので、アクセスの良さを重視している方にもおすすめです。スタイルはオートサイト・バンガローの2種類から選べます。

車で行く場合はサイト内への乗り入れができるので、荷物が多くても負担になりません。

  • 住所:〒368-0061 埼玉県秩父市小柱326-2
  • 営業期間:通年営業
  • 電話番号:0494-62-3399
  • 料金の目安:オートサイト/5,800円~、バンガロー/1,7000円~
  • アクセス:車/関越道、または花園ICより約30分、電車/秩父本線「皆野駅」よりタクシーを使って約5分

公式サイトでみる

橋立川キャンプ場

「川も綺麗で自然豊かで、ここだけ都会の喧騒から隔離されたようなノスタルジックな空間だった。 管理人のおばさまがとても親切で、心温まる良い場所です。」/画像・コメント提供:@zerocamp619 ☆ZERO★様

最寄駅から徒歩5分で行ける、車を持っていない方におすすめのキャンプ場です。サイト内には森林や川などがあり、昼は野鳥の鳴き声が聴こえてくるので癒されます。

管理人が常駐しているため、初心者や女性のキャンパーが利用しても安心です。最寄駅から近くに点在していますが、コンビニやスーパーなどはないので事前に必要なものを用意してから行くといいでしょう。

  • 住所:〒369-1801 埼玉県秩父市荒川久那3937
  • 営業期間:3月~12月中旬
  • 電話番号:0494-24-1367
  • 料金の目安:入場料/200円、テント1張り/1000円、バンガロー/4000円
  • アクセス:車/花園ICより約1時間、電車/浦山口駅より徒歩5分

公式サイトでみる

cazuキャンプ場

「川が近く、薪使いたい放題がいい。」/画像・コメント提供:@only_life045 Yokohama Onlylife様

飯能市の川沿いに点在する、自然豊富なキャンプ場です。材木屋が管理しており、薪が無料で使えるので焚き火が好きな方にはうってつけの場所。料金は2,000円台と安価で、トイレや炊事場などの設備も整っているので初心者でも快適に過ごせます。

夏になるとホタルが森の中を飛び交うので、幻想的な景色を眺められるのも魅力です。

  • 住所:〒357-0128 埼玉県飯能市赤沢1072
  • 営業期間:通年営業
  • 電話番号:042-978-8560
  • 料金の目安:2,300円
  • アクセス:車/練馬ICより約50分、電車、バス/池袋駅から飯能駅まで乗り、国際産業バスで「久林バス停」で降りて徒歩5分

公式サイトでみる

飯能河原

「当時無料だったこともあり、割と好きなキャンプ場でした。」/画像・コメント提供:@craftworksjewelry 高橋悠 様

サイト内には魚のいる川が流れており、釣った魚を調理して楽しめます。周りは森林に囲まれており、昼は山の景色・夜は満天の星を眺められるので絶景を楽しみたい方にもおすすめです。

車で行く場合は駐車場を探す必要がありますが、サイト料や入場料などは一切かからないので出費を抑えたい方であれば満喫できるでしょう。静かな環境なので、初心者から上級者まで幅広く利用されています。

  • 住所:〒357-0064 埼玉県飯能市大字久下472
  • 営業期間:通年営業
  • 電話番号:042-973-2124
  • 料金の目安:無料
  • アクセス:車/狭山、または日高ICより約40分、電車、バス/飯能駅より徒歩10分

公式サイトでみる

ソロ専用のキャンプ場も合わせて紹介!

ここでは、埼玉県のソロ専用キャンプスポットを2つ紹介します。

静かな環境でキャンプを楽しみたい方は、ソロ専用のキャンプ場を利用してみるのもいいですよ!

リバーサイド長瀞オートキャンプ場

「景色は抜群によく川のせせらぎも聞こえてくる癒されるキャンプ場でした。高規格で管理が行き届いていました!」/画像・コメント提供:@dsuke_camp_outdoor Dsukeキャンプ様

ソロキャンプ専用のサイトが用意されており、安価で利用できるので初心者の方でも気軽に利用できます。レンタル用品や売店などもあるため、手ぶらでキャンプを楽しみたい方にも最適です。

当キャンプ場はオートサイトで、車やバイクなどの乗り入れもできるので荷物が多くても負担がかかりません。

  • 住所:〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
  • 営業期間:3月~12月中旬
  • 電話番号:0494-66-0640
  • 料金の目安:2,100円~
  • アクセス:車/関越自動車道、花園ICより約20分、電車/野上駅より徒歩20分

公式サイトでみる

ニューサンピア埼玉おごせ

「ソロキャンプ専用エリアがあり、静かに自分だけの時間を楽しめる貴重な場所です。」/画像・コメント提供:@sotomeshi_atsuki ATSUKI様

2021年からオープンしたばかりのオートキャンプ場。都心から約1時間半で行けるので、アクセスは良好です。サイト内は自然豊かな森に囲まれており、夏になるとカブトムシも採れるので虫が好きな方にもおすすめできます。

近くにはキャンプ場を運営しているホテルもあって、天然温泉に入れるので温泉が好きな方も快適に過ごせますよ。

  • 住所:〒350-0401 埼玉県入間郡越生町古池700
  • 営業期間:通年営業
  • 電話番号:049-292-6111
  • 料金の目安:1サイトあたり3,850円~
  • アクセス:車/坂戸西スマートICより約20分、電車、バス/越生駅より川越観光バス「黒山三滝行き」に乗り約10分

公式サイトでみる

埼玉県でソロキャンプを楽しもう!

埼玉県のおすすめソロキャンプ場を紹介しました。

埼玉県にはソロキャンパーにとって過ごしやすい施設が豊富にあるので、自分に適したキャンプ場を探してみるといいでしょう。今回の記事を参考にして、ソロキャンパーへの第一歩を踏み出してみてくださいね!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load