BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ガス式バーベキューコンロおすすめ10選!スタイルに合わせて選ぼう

バーべキューコンロといえば「炭火式」のイメージが強いですが、火起こしや火力調整が簡単な「ガス式」バーベキューコンロも、かなり魅力的なアウトドアギアです。特に準備や片付けに手間取りがちな、キャンプやバーベキュー初心者におすすめしたいアイテムです。

そこで今回はガス式バーベキューコンロについて、以下の内容を詳しく紹介します。

  • ガス式と炭火式バーベキューコンロの違い
  • ガス式バーベキューコンロの選び方
  • ガス式バーベキューコンロおすすめ10選!

「バーベキューの火起こしや火力調整が大変!」「バーベキューの片付けを簡単にしたい!」という方は、ぜひ参考にしてください。

バーベキューコンロはガス式?炭火式?

「ガス式」と「炭火式」のバーベキューコンロには、それぞれメリットやデメリットがあります。バーベキューのどんなポイントを重視するかで、どちらかのタイプを選びましょう。それぞれの特徴を詳しく解説します。

ガス式の魅力!

ガス式バーベキューコンロの一番の魅力は手軽さです。炭火式は火起こしが大変ですが、ガス式はスイッチを入れれば、簡単に火を付けられます。火力調整もつまみをひねれば、簡単に行えます。また炭火式では灰や燃えカスの後片付けが必要ですが、ガス式は必要ありません。

炭火式の魅力!

バーベキューコンロの最大の魅力は、美味しく食材を焼けること。炭火の遠赤外線効果は、食材の表面をこんがり、中はふっくらジューシーに焼き上げます。また肉の油が炭に落ちることで煙が立ち上り、良い感じに食材が燻され、深い味わいをプラスします。

炭式は火起こしや火力調整に手間は掛かりますが、そういった手間もアウトドアの楽しみの一つといえるでしょう。

「ガス式」「炭火式」それぞれ魅力がたくさんありますが、今回はガス式バーベキューコンロについて、詳しく紹介していきます。

ガス式バーベキューコンロの選び方

ガス式バーベキューコンロにはいくつかタイプがあり、バーベキューの楽しみ方や重視する点によって、適したタイプが異なります。ここでは、ガス式バーベキューコンロの選び方のポイントを「シーン別」「ガスの種類」「機能面」に分けて紹介します。

シーンに合わせて

ガス式バーベキューコンロは、形状によって「卓上タイプ」「スタンダードタイプ」「ツーバーナータイプ」に分けられます。それぞれのタイプに適したシーンを紹介します。

卓上タイプ

卓上バーベキューコンロは、テーブルに置いて使えるバーベキューコンロです。ソロや少人数でのバーベキューは、ゆっくり座ってのんびり楽しみたいもの。脚付きのスタンダードタイプでは、誰かが立って火の番をしなくてはいけません。卓上バーベキューコンロなら、全員が座ってゆっくりバーベキューが楽しめます。

スタンダードタイプ

バーベキューコンロらしい形状の、脚付きで60~80cmの高さのスタンダードタイプ。立って使うのにちょうどよい高さなので、立食形式のバーベキューに向いています。スタンダードタイプは大きめサイズが多く、一度にたくさんの食材を焼くことができます。ファミリーやグループでのバーベキューにピッタリです。

ツーバーナータイプ

ガスバーナーが2つ備わっている、ツーバーナータイプ。一度に大量の食材が焼けるので、大人数でのバーベキューにおすすめ。またお湯を沸かしたり煮込み料理をしたりと、違う調理を同時進行で進められるので、キャンプごはんの幅が広がります。

カセットガスの種類

ガス式バーベキューコンロで使用されるガスは「カセットボンベ」「アウトドア缶」「プロパンガス」の3種類です。それぞれのメリットやでデメリットを紹介します。

カセットボンベ

CB缶とも呼ばれる、カセットボンベ。家庭用のカセットコンロにも使われる、最も身近なガス缶です。カセットボンベはスーパーやコンビニ、ホームセンターなどで気軽に購入可能です。価格もアウトドア缶に比べて安価になっています。

カセットボンベはアウトドア缶に比べ、出力が弱いため火力が弱くなっています。また屋外の寒い場所では揮発性が下がり、火力が弱まったり、火が付かなかったりすることがあります。寒い時期の屋外使用では、寒冷地対応のカセットボンベを使うとよいでしょう。

アウトドア缶

OD缶とも呼ばれる、コロンとした形状のアウトドア缶。アウトドアでの使用を前提とするカセットガスです。カセットボンベに比べ、出力が高く火力が強いのが特長です。寒い屋外でも、火力が弱まることなく問題なく使用できます。

アウトドア缶を購入できるのは、アウトドアショップやホームセンターです。カセットボンベのようにコンビニなどで気軽に購入できないので、燃料切れに備えて替えのものを準備しておくと安心です。価格はカセットボンベに比べて高価になります。

プロパンガス

庭に常設するタイプなど大型バーベキューコンロは、プロパンガスを使用する製品もあります。プロパンガスはガス容器を購入かレンタルし、ガス業者に充填してもらいます。1回あたりのバーベキューでかかるコストが、最も安いガスです。

機能性

ガス式バーベキューコンロは、製品ごとにさまざまな機能が付いています。自分が必要とする機能付きの製品を選べば、より快適にバーベキューが楽しめるでしょう。

風よけパネル

ガスコンロの炎は風で揺らいでしまうと、火力が弱くなります。また強風にあおられると、火が消えてしまうことも。そのためアウトドアで使うバーベキューコンロは、風よけパネルが付いているものがおすすめです。

蓋付き

バーベキュー文化の盛んなアメリカでは、バーベキューコンロは蓋付きが基本です。蓋付きバーベキューコンロは蒸し焼きができるため、食材を外はカリッと、中はふっくらと焼き上げます。

手入れのしやすさ

後片付けを簡単にしたい方には、手入れしやすいものがおすすめです。複雑な作りのものは手入れがしにくいので、なるべくシンプルな作りを選ぶのとよいでしょう。水皿付きのものは本体に肉の油が付着しないので、掃除しやすくなっています。また焼き面は、網よりも鉄板の方が洗いやすいでしょう。

ガス式バーベキューコンロおすすめ10選!

ここからは、おすすめのガス式バーベキューコンロを紹介します。
ソロや少人数でのバーベキューにピッタリのものや、大人数で使いやすいツーバーナータイプもピックアップしました。

snow peak(スノーピーク) グリルバーナー 雪峰苑

スノーピーク(snow peak)
¥24,200 (2023/01/31 11:05:06時点 Amazon調べ-詳細)

蓄熱性の高い分厚い鉄板「グリドル」で、厚いステーキもこんがり、ジューシーに焼き上げます。グリドルは中心部に穴が2つ開いており、肉の油を水皿に集めるので、煙が出にくくなっています。IGT(アイアングリルテーブル)に装着可能です。

  • メーカー参考価格:24,200円
  • 使用サイズ:25×36×17.5cm(ホース・器具栓含まず)
  • 重量:5kg
  • タイプ:卓上タイプ
  • ガス缶の種類:アウトドア缶
  • 出力:1,700cal/h
  • 素材:本体/ステンレス他、水皿/スチール(ホーロー仕上げ)、グリドル/鋳鉄
  • 付属品:収納ケース

公式サイトで詳しくみる

Coleman(コールマン) ロードトリップ グリルLXE-JⅡ

コールマン(Coleman)
¥32,620 (2023/02/01 00:52:16時点 Amazon調べ-詳細)

ツーバーナーの脚付きバーベキューコンロ「ロードトリップ グリルLXE-JⅡ」。焼網を外せば、通常のコンロとしても使用可能。さまざまな調理を楽しめます。サイドテーブルが2枚付いており、食材や調理道具などが置けて何かと便利。ホイール付きで移動も簡単です。アメリカンな雰囲気の、見た目のカッコ良さも魅力です。

  • メーカー参考価格:47,900円
  • 使用サイズ:約118×46×高さ112.5cm
  • 重量:約18kg
  • タイプ:スタンダードタイプ・ツーバーナータイプ
  • ガス缶の種類:アウトドア缶
  • 出力:最高時・約2,500kcal/h×2(スーパーガス最大出力時)

公式サイトで詳しくみる

Coleman(コールマン) パワーハウスLPツーバーナーストーブⅡ

3,500kcal/hのハイパワーで、アウトドアでも短時間で調理ができる「パワーハウスLPツーバーナーストーブⅡ」。収納サイズが厚さ7cmと非常にスリムになり、持ち運びが楽で、車や自宅での収納場所を取りません。

  • メーカー参考価格:15,800円
  • 使用サイズ:約64×32.5×高さ52cm
  • 収納サイズ:約54×32.5×7cm
  • 重量:4.2kg
  • タイプ:ツーバーナータイプ
  • ガス缶の種類:アウトドア缶
  • 出力:3,500kcal/h×2
  • 材質:アルミニウム他

公式サイトで詳しくみる

SOTO(ソト) レギュレーター2バーナー GRID(グリッド)

ソトのツーバーナーコンロ「レギュレーター2バーナー・グリッド」。キッチンテーブルだけでなく、テーブルに置いて卓上コンロとしても使用可能です。マイクロレギュレーター搭載で、カセットボンベ使用ですが、気温が低い環境でも火力が安定しています。ステンレス製でシンプルなデザインなので、お手入れしやすくなっています。持ち運びに便利な収納バッグ付き。

  • メーカー参考価格:27,000円
  • 使用サイズ:47.3×25.2×高さ14.5cm
  • 収納サイズ:46.8×25.1×高さ11.6cm
  • 重量:2.25kg
  • タイプ:ツーバーナータイプ
  • ガス缶の種類:カセットボンベ
  • 出力:2.9kw(2.500kcal/h)×2
  • 主材料:本体/ステンレス、ゴトク/鉄、スタンド・風防/アルミニウム
  • 付属品:収納バッグ

公式サイトで詳しくみる

イワタニ カセットガススタンドBBQグリル・グリルスター

卓上タイプとしても、脚を付けてスタンダードタイプとしても使える「グリルスター」。キャンプ場では卓上タイプとして、自宅庭ではスタンドを付けてと使い分けられます。282個の穴が開いている多孔式バーナーで、安定した強い火力を実現しています。付属のBBQプレートを外せば、通常のコンロとしてさまざまな調理可能です。

  • メーカー参考価格:41,800円
  • 使用サイズ:81.6×51.9×高さ107.2cm
  • 収納サイズ:51.9×24×118cm
  • 重量:11.3kg
  • タイプ:卓上タイプ・スタンダードタイプ・ツーバーナータイプ
  • ガス缶の種類:カセットガス
  • 出力:3.3kW(2,800kcal/h)×2
  • 付属品:専用グリルプレート2枚

公式サイトで詳しくみる

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ) 焼き名人 卓上カセットコンロ

アウトドアはもちろん、自宅でのバーベキューに活躍する「焼き名人・卓上カセットコンロ」。水皿が肉のアクや油を受け取るので、後片付けが簡単です。

  • メーカー参考価格:14,300円
  • 使用サイズ:39.8×22.1×高さ13cm
  • 重量:2.2kg
  • タイプ:卓上タイプ
  • ガス缶の種類:カセットボンベ
  • 出力:2.3kw(2,000kcal/h)
  • 素材:本体・ボンベカバー・水入れ、網:鉄(粉体塗装)、バーナー・輻射熱板:ステンレス鋼

公式サイトで詳しくみる

NITINEN(ニチネン) やきまへんか2

焼網だけでなく、付属のプレートで鉄板焼きや串焼きも楽しめる「やきまへんか2」。さまざまな調理を楽しみたい方におすすめです。お子さんの大好きな、ホットケーキやお好み焼きを作ってみてはいかがでしょうか。

  • メーカー参考価格:16,500
  • 使用サイズ:39.9×23×高さ13.5cm
  • 重量:約3kg(平面プレート約527g含む)
  • タイプ:卓上タイプ
  • ガス缶の種類:カセットボンベ
  • 出力:2.3kW(2,000kcal/h)
  • 素材:鋼板、ステンレス
  • 付属品:平面プレート

公式サイトで詳しくみる

ニチネン カセットガス式BBQグリル QUICKLY(クイックリー)Ⅱ

大きなサイズの鉄板で、大量に食材が焼ける「クイックリーⅡ」。大勢でのバーベキューにおすすめです。蓋付きで、本格的バーベキューが楽しめます。カセットボンベを使用するので、燃料の調達も気軽に行えます。タイヤ付きで、移動も楽々です。

  • メーカー参考価格:55,000円
  • 使用サイズ:98.8×44.5×73.7cm
  • 収納サイズ:95.2×44.5×32.3cm
  • 焼面サイズ:約49×31cm
  • 重量:約11kg
  • タイプ:スタンダードタイプ
  • ガス缶の種類:カセットボンベ
  • 出力:2.4kW(2,100kcal/h)

公式サイトで詳しくみる

Weber(ウェーバー) ウェーバーQ1250 ガスグリル

アメリカの人気バーベキューグリルブランド「ウェーバー」。蓋付きコンロ「ウェーバーQ1250」は、本場アメリカのような本格的バーベキューが楽しめます。ホーロー加工された鋳鉄製の焼網は美味しく肉が焼け、お手入れは簡単です。

  • メーカー参考価格:49,990円
  • 使用サイズ:103.9×52.1×高さ39.4cm
  • 焼面サイズ:43×32cm
  • 重量:14kg
  • タイプ:卓上タイプ
  • ガス缶の種類:プロパンガス

公式サイトで詳しくみる

センゴクアラジン ポータブルガスカセッコンロ ヒバリン

日本エー・アイ・シー(Aic Japan )
¥13,490 (2023/01/31 11:05:08時点 Amazon調べ-詳細)

火鉢と七輪を合わせたネーミングが楽しいカセットコンロ「ヒバリン」。コロンとした形とポップなカラーもが可愛く、キュートなテントサイトを作りたい方におすすめです。五徳で鍋やスキレットなどを使った調理が、付属のグリルキットでバーベキューを楽しめます。

  • メーカー参考価格:17,600円
  • 使用サイズ:27.8×29.5×18.8cm
  • 重量:2.8kg
  • タイプ:卓上タイプ
  • ガス缶の種類:カセットボンベ
  • 出力:2.8kw(2.400cal/h)
  • 付属品:グリルキット、収納袋、コンセプトブック

公式サイトで詳しくみる

ガス式バーベキューコンロで手軽に楽しもう!

火起こしや火力調整が簡単で、後片付けも楽チンなガス式バーベキューコンロ。炭式よりも、気軽にバーベキューが楽しめます。

今回はガス式バーベキューコンロについて、以下の内容で詳しく紹介しました。

  • ガス式と炭火式バーベキューコンロの違い
  • ガス式バーベキューコンロの選び方
  • ガス式バーベキューコンロおすすめ10選!

ガス式バーベキューコンロは、ソロ用のものから大人数用まで、さまざまなタイプが揃っています。ぜひ皆さんのバーベキュースタイルにピッタリのものを見つけて、気軽にバーベキューを楽しんでくださいね。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load