BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

コスパ抜群のペグ10選!安くて強いペグのメリットを紹介

テントやタープなどを張るために必要なのがペグ。素材や形状などが豊富にあり、製品によっては長く使用してもサビにくいペグも販売されています。

ペグには安価・高価な商品がありますが、とくに初心者はコスパに優れたものを選びたいですよね。

そこで今回は、コスパに優れているペグの選び方、おすすめ商品を紹介します。コスパのよいペグを求めている方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

コスパ抜群のペグとは?

コスパ抜群のペグを選ぶ前に、ペグのメリット・デメリットを紹介します。コスパに優れたペグを購入して、快適にアウトドアを過ごしてみてください。

コスパ抜群のペグのメリット

コスパのよいペグを選ぶメリットは、以下の3つになります。

  • 安いから買い替えやすい
  • 手軽に持ち運びできる
  • 簡単に手入れできる

安いから買い替えやすい

ペグを長く使用していると、変形したり折れたりしてしまう場合もあるでしょう。コスパに優れたペグは、低価格で手に入れられるので、気にせず買い替えができます。

一方、あまりに高価なペグの場合、破損しても買い替えするのを迷う方も多くいるでしょう。安全かつ快適に過ごすためにも、破損したままのペグで使用するのはおすすめしません。

コスパがよければ気軽に買い替えできるので、値段を重視している方には最適でしょう。中には2,000円台と安く販売されている商品もあるので、初心者や慣れていない方は、のちほど紹介するコスパ抜群のペグから選んでみてください。

手軽に持ち運びできる

キャンプや登山などのアウトドアでは、なるべく荷物を軽くしておいたほうが楽です。

コスパのよいペグは、アルミなど軽量性に優れた素材で作られている製品が多く、持ち運ぶときも負担がかかりません。軽量かつコンパクトな製品も販売されているので、本数を増やしても荷物の邪魔にならないのも魅力のひとつです。

中には1本あたり、10g台と超軽量のペグもあるので、持ち運びやすさを求めている方にもおすすめできます。持ち運びやすさ・収納のしやすさを重視している方は、コスパのよいペグを選んでください。

簡単に手入れできる

コスパのよいペグは、高価な製品とは異なり、作りがシンプルになっている場合が多くあります。あまりに作りが複雑すぎると、土汚れなどが完全に落ちないので。お手入れの手間を省きたい方は、コスパに優れたペグを選ぶのもよいでしょう。

汚れが残っていると、次使うとき使用できなくなってしまう場合も。コスパに優れたペグであれば、濡れた地面や草地でも、使い終わったあとも簡単にお手入れできます。

コスパ抜群のペグのデメリット

コスパのよいペグを選ぶデメリットは、以下の2つです。

  • 耐久性に劣る
  • 製品によっては抜けやすい

耐久性に劣る

コスパ抜群のペグは、価格が手ごろであるため、素材や加工のクオリティが低い場合もあります。安く手に入れられる反面、耐久性に劣ってしまうので長く愛用できない場合があるので注意しなければなりません。

使用頻度が高かったり、過酷な条件下で使用したりする方には、コスパのよいペグは選ばないほうがよいでしょう。

ただし、最近では耐久性かつ軽量性に優れた製品も販売されているので、なるべく長く愛用したい方は探してみるのも◎。

柔らかい場所だと抜けやすい

コスパのよいペグは、表面がツルツルしている製品が多くあります。ツルツルとしたペグを使用した場合、濡れた地面などの柔らかい場所で使うと抜けてしまう可能性も。ツルツルとしたペグを使うのなら、乾いた地面を選んだほうが無難です。

ただし、最近では表面がザラザラしている製品、突起のある製品も販売されています。もし柔らかい場所でテントやタープなどを張るのなら、表面がザラザラ・突起のあるペグを使用すれば抜けてしまうリスクも低くなるでしょう。

コスパ抜群のペグの選び方

コスパ抜群のペグを選ぶ際には、価格・強度・形状を重視する必要があります。

以下の項目で、コスパ抜群のペグの選び方を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

価格

まず、コスパ抜群のペグを求めるのなら、価格をみておきましょう。高い商品だと、1本あたり500円ほどで販売されています。中には1本あたり100円台で販売されている商品もありますが、素材によって長く使えるか異なってくるので、選ぶ際は注意しなければなりません。

また1本のみ・セットなどで販売している商品がありますが、お得に手に入れるのならセットがおすすめです。セットであれば1本あたりの価格が安い場合もあるので、コスパを求めている方は、価格だけでなく販売されている本数も同時にみておくとよいでしょう。

強度

コスパのよいペグでも、安心してテントを張るために強度もしっかりみておかなくてはなりません。ペグを選ぶ際、強度がどのくらいあるのかを確認してから購入してください。

さらに強度は、素材によって異なる場合もあります。アルミ製のペグは軽量で扱いやすい魅力がありますが、あまり強度がありません。

一方、鉄製やチタン製などであれば強度が高いため、強風時や硬い地面などでも安心して使用できます。快適にアウトドアを楽しむためにも、強度の高さ・採用されている素材などを考えながら選ぶとよいでしょう。

形状

ペグの形状が、使用する場所や天候状況によって選ぶ基準が異なります。

おもにペグの形状は、以下の種類があります。

  • ピンペグ
  • ネイルペグ
  • V字ペグ(U字・Y字ペグ)
  • スクリューペグ
  • 鍛造ペグ

ピンペグやネイルペグは、他の製品よりも安価で、強度が高いので初心者でも扱いやすい特長があります。硬い地面でもしっかりと固定してくれるので、安心してアウトドアを楽しめるでしょう。

V字ペグ・鋳造ペグは、より地面に食い込むのが特長。砂浜などの柔らかい地面でも対応できるので、海辺でアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

また、手軽にペグを打ち込むのなら、スクリューペグを選ぶとよいでしょう。手でねじ込むタイプで、ハンマーが必要ないので初心者も楽々できます。

コスパ抜群のおすすめペグ10選!

ここでは、コスパ抜群のおすすめペグを紹介します。素材・形状など、バリエーション豊富な商品を紹介するので、コスパに優れたペグを求めている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 丸スチールペグ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥980 (2024/06/12 12:02:22時点 Amazon調べ-詳細)

強度に優れた鉄素材を採用しており、長く使っても劣化する心配がありません。軽量かつコンパクトな製品なので、本数を増やして持ち歩いても問題ないでしょう。190㎜と長さが十分にあり、しっかりと固定してくれるので、安心してアウトドアが楽しめます。

  • メーカー参考価格:500円
  • 素材:鉄
  • サイズ:5×190mm
  • 重量:30g

公式サイトでみる

Coleman(コールマン) ジュラルミンYペグ

コールマン(Coleman)
¥1,195 (2024/06/12 12:02:22時点 Amazon調べ-詳細)

軽量かつ強度に優れたジュラルミン製の素材を採用。石の混ざった場所で使っても破損しないので、河川敷などでテントを設営するときにピッタリです。またデザインは目立つレッドなので、紛失しにくいのも魅力のひとつと言えるでしょう。

  • メーカー参考価格:1,760円
  • 素材:ジュラルミン
  • サイズ:約18cm

公式サイトでみる

UNIFLAME(ユニフレーム) ステンレスペグ

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥1,634 (2024/06/12 12:02:23時点 Amazon調べ-詳細)

機能性・耐久性に優れており、1,000円台と手ごろに購入できるのでコスパ抜群です。当製品はスタッキングができるので、かさばらずに持ち運びできます。素材はステンレス鋼を採用していて、硬い地面に打ち込んでも変形したり欠けたりする心配がありません。

  • メーカー参考価格:1,540円
  • 素材:ステンレス
  • サイズ:約19.4×2.4cm
  • 重量:1本あたり約50g

公式サイトでみる

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) サンドペグ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,380 (2024/06/12 12:02:24時点 Amazon調べ-詳細)

素材はABS樹脂を採用しており、1本あたり5gと超軽量なので持ち運びに便利です。砂浜などの柔らかい地面に最適で、しっかりと長時間固定してくれます。また、打ち込む際は手だけの力で十分に刺さるので、ハンマーを持っていなくても安心です。

  • メーカー参考価格:350円
  • 素材:ABS樹脂
  • サイズ:長さ380mm
  • 重量:75g

公式サイトでみる

OUTDOORMASTER(アウトドアマスター) ペグ

10本セットで、2,000円台と安く買えるのでコスパに優れています。素材は高炭素鋼を採用しており、硬度・強度・耐摩擦性に優れているので使い勝手は抜群。さらに防水性能も付いているので、サビずに長く愛用できます。重さはありますが、専用の収納袋が付いているので、楽に持ち運びできるでしょう。

  • 素材:‎高炭素鋼
  • サイズ:34x6x11cm

CAMPING MOON(キャンピングムーン) パワーペグ

ペグの上部にはフックが付いており、地面から抜くときも簡単にできるので便利です。さらに先端は円柱形になっており、フラットで打ち込みやすいので初心者でも扱えます。硬い地面に最適なので、河川敷など石の混じった場所で使っても問題ありません。

  • 素材:‎ステンレス
  • サイズ:20x5x1cm
  • 重量:129g

MARUFANG(マルファング) テントペグ

MARUFANG
¥980 (2024/06/13 00:06:41時点 Amazon調べ-詳細)

軽量かつ耐久性に優れたジュラルミン製を採用。10セットで1,000円以内と安く買えて、長く愛用できるのでコスパ抜群です。丈夫で破損しにくく、硬い地面に適しているので河川敷などでも使用できます。

  • 素材:ジュラルミン
  • サイズ:18×1.2×1.2cm
  • 重量:1本あたり約13g

M-STYLE(エムスタイル) キャップ付きペグ

強度の高いスチールを採用しており、小石の混じった地面でも対応できます。さらにハンマーで強く打っても曲がったり欠けたりしないので、初心者の方も安心して使用できるでしょう。またスチールはサビにくいため、メンテナンス不要な点も魅力のひとつです。

  • 素材:スチール
  • サイズ:10x10x295mm
  • 重量:1本あたり約155g

Soomloom outdoor(スームルーム アウトドア) テントペグ

素材は強度のよい合金鋼を採用。16本セットで2,000円以内と手に入れられ、長持ちするのでコスパに優れています。表面には特殊な塗装が施されており、濡れた地面でも使用してもサビる心配がありません。硬い地面・砂利や石などが混ざった場所でもしっかり固定できるので、快適にアウトドアを満喫できるでしょう。

  • 素材:スチール
  • サイズ:約250㎜
  • 重量:約150g

YOGOTO(ヤゴト) テントペグ

本製品は特殊な伸縮加工を施しており、打ち込みやすさと耐久性を実現。上部分も分厚くなっているので、強く打っても破損する心配はありません。上部分には夜光ロープが付いているので、夜間に作業するときも安心です。

  • 素材:合金鋼
  • サイズ:長さ30cm、直径10㎜
  • 重量:約185g

コスパ抜群のペグで気軽にキャンプを楽しもう!

コスパ抜群の選び方やおすすめ商品を紹介しました。ペグを通販で買う場合、単品よりもセットのほうがお得に手に入れられるのでおすすめです。今回の記事を参考にして、気に入ったコスパのよいペグをみつけて、ぜひアウトドアを満喫してみてくださいね!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load