BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

キャプテンスタッグおすすめランタン11選|種類ごとにご紹介!

キャンプ中の灯りとして活躍するランタンは、キャンプの雰囲気を楽しむためにも重要なアイテムだと言えます。

そこで今回は、キャンプ好きに人気のキャプテンスタッグ製のランタンを種類別に紹介します。

気になるものがあったら、ぜひとも入手してみてくださいね!

ランタンの魅力

キャンプ場の多くは夜を照らす灯りが無いため、ランタンの準備は必須と言えます。

ランタンは周囲を明るく照らすだけでなく、焚き火とは違った灯りとしての魅力があり、見ているだけでも癒やされます。

懐中電灯で過ごすのも良いですが、キャンプの雰囲気を楽しむためにもランタンは入手しておきたいところです。

ランタンを選ぶなら『キャプテンスタッグ』がおすすめ!

キャプテンスタッグは、フライパンや鍋などを幅広く手掛けているパール金属を母体とする日本のメーカーです。

パール金属は1967年に創業、キャプテンスタッグの発足は1976年となっており、すでに50年近い歴史を持っています。

アメリカのキャンプ用品も良いですが、国内メーカーのキャンプ用品を集めたいなら、キャプテンスタッグがおすすめです。

特にランタンは根強い人気があり、商品ラインナップも豊富です。

キャプテンスタッグおすすめのオイルランタン4選

オイルランタンは、灯油やパラフィンオイルなどを燃料に使用します。

後ほど説明しますが、パラフィンオイルの中にはアロマ効果があったり、防虫効果のあるアイテムもあります。

煌々と力強く燃えるタイプではありませんが、優しく穏やかな灯りは、キャンプの雰囲気を十二分に盛り上げてくれるでしょう。

キャンプアウト オイルランタンシェードセット〈中〉(ダークグレー)

中サイズのオイルランタンとシェードがセットになったアイテム。

シェードは雨風や汚れを防ぐ効果があるし、いかにもランタンらしい見た目になるので雰囲気的にもばっちりです。

本製品のホヤは、カラータイプで温かい色味をだしてくれるのもポイント。

参考価格 4,180円(税込)
製品サイズ オイルランタン/幅160×奥行120×高さ250mm(本体のみ)
シェード/直径170×15mm
重量 オイルランタン/370g
シェード/95g
材質 ランタン/本体:鉄(粉体塗装)、ホヤ:ガラス
シェード/鉄(粉体塗装)
仕様/その他 使用燃料/白灯油、ランタン用パラフィンオイル
適正容量/200ml
芯の長さ/130mm
燃焼時間(約)/14時間 ※燃焼条件により異なります。

公式サイトでみる

CS オイルランタン〈小〉(シルバー)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,800 (2024/07/22 08:15:51時点 Amazon調べ-詳細)

キャプテンスタッグが販売しているオイルランタンの中でも、最もコンパクトなタイプです。

小さいと言っても燃焼時間は10時間もあるため、一度給油すれば一晩付けっぱなしでも問題なし。

こちらはシェードがついていないため、欲しい方は後ほど紹介するシェードもセットで購入すると良いでしょう。

カラーはシルバーとブロンズの2色展開で、時折限定カラーなどが発売されています。

参考価格 ¥4,400(税込)
製品サイズ 幅120×奥行100×高さ190mm(ハンドル含まず)
重量 250g
容量 120ml
材質 本体:鉄、ホヤ:ガラス
仕様/その他 使用燃料/白灯油、パラフィンオイル(M-5164・M-9641:500ml、M-5163・M-9642:350ml)
燃焼時間(約)/10時間

公式サイトでみる

CS オイルランタン〈中〉(シルバー)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,706 (2024/07/22 02:26:22時点 Amazon調べ-詳細)

上記で紹介した小サイズのオイルランタンよりも一回り大きくなり、燃料の容量も120mlから200mlにアップしています。

燃焼時間は最大で連続14時間となるかわりに、重さは250gから370gにアップしています。

ソロではなく数人で楽しむなら中サイズがおすすめです。

こちらもカラーはシルバーとブロンズの2色展開で、時折限定カラーなどが発売されています。

参考価格 4,950円(税込)
製品サイズ 幅160×奥行120×高さ250mm(ハンドル含まず)
重量 370g
容量 200ml
材質 本体:鉄、ホヤ:ガラス
仕様/その他 使用燃料/白灯油、パラフィンオイル(M-5164・M-9641:500ml、M-5163・M-9642:350ml)
燃焼時間(約)/14時間

公式サイトでみる

CS オイルランタン〈大〉(シルバー)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,297 (2024/07/22 08:15:52時点 Amazon調べ-詳細)

大サイズのオイルランタンは燃料容量300mlとたっぷりで、一日中つけっぱなしでも問題ありません。

木々で暗い場所、くもり空の日は付けっぱなしで楽しむのも良いでしょう。

重量は490gと最大クラスになりますが、それでも500mlのペットボトルより軽く、そこまで重くはありません。

こちらもカラーはシルバーとブロンズの2色展開で、時折限定カラーなどが発売されています。

参考価格 5,500円(税込)
製品サイズ 幅170×奥行140×高さ305mm(ハンドル含まず)
重量 490g
容量 300ml
材質 本体:鉄、ホヤ:ガラス
仕様/その他 使用燃料/白灯油、パラフィンオイル(M-5164・M-9641:500ml、M-5163・M-9642:350ml)
燃焼時間(約)/20時間

公式サイトでみる

ランタンオイルには虫除け効果があるものも!

キャプテンスタッグ純正のオイルランタン用パラフィンオイルも紹介します。

虫除けパラフィンオイル500ml

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥857 (2024/07/22 08:15:52時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは虫除け効果のあるパラフィンオイルです。

白灯油よりも2倍明るいとされており、容量も500mlとたっぷりあるので、小サイズのガスランタンなら4回分、大サイズでも1.5回分はあります。

参考価格 1,980円(税込)
製品サイズ 外径68×高さ198mm
材質 主成分:パラフィン

公式サイトでみる

キャプテンスタッグおすすめガスランタン2選

ガスランタンではOD缶(アウトドア缶)という、カセットコンロ用のCB缶(カセットボンベ缶)とは違うアウトドア専用のガスを使用して灯りを付けます。

OD缶はCB缶よりも寒冷地でも安定していて、火力も強いのがメリットです。

他の燃料と比べると燃料のコスパ面で若干劣りますが、OD缶用のバーナーと燃料を兼用にできるなどのメリットもあり、人気があります。

ゆらゆらと燃える灯りはとても癒やされますよ!

フィールドガスランタン(ソフトケース付き)

照度800ルクス(白熱電球150W相当)もある、明るいガスランタンです。

キャンプ場を広く照らせるので、夜は明るく過ごしたい方におすすめ。

収納用のソフトケースも付属しています。

参考価格 19,800円(税込)
製品サイズ 幅130×奥行120×高さ215mm
収納サイズ 幅230×奥行130×高さ140mm(ケース収納時、とって含まず)
重量 900g(ガスランタンのみ:約720g)
材質 バーナー:18-8ステンレス鋼、トッププレート・フレーム・フレームプレート:ステンレス鋼、器具せん:真鍮、ケース:ポリエステル
仕様/その他 点火方式:圧電点火方式
ガス消費量:約120g/h
照度:800ルクス(測定値50cm)、白熱電球:150W相当※点火から3分後の最高照度

公式サイトでみる

キャンドル ガスランタン

こちらはフィールドガスランタンと比べると小柄で、明るさもロウソク程度となっています。

テーブルの上において談笑したり、寝る時に灯しておく分には十分な明るさと言えるでしょう。

リングを回すことで火力調節が可能なので、かすかな明るさにすることも可能です。

参考価格 7,700円(税込)
製品サイズ 外径46×高さ156mm(つまみ含まず)
収納サイズ 外径62×高さ168mm
重量 155g(ガスランタンのみ約110g)
材質 器具栓:アルミニウム合金・真鍮、ホヤ:耐熱ガラス、収納ケース:ポリエチレン
仕様/その他 ガス消費量(約):7g/h
連続燃焼時間(全開):キャプテンスタッグレギュラーガスカートリッジCS-250を使用した場合 – 約32時間※但し、使用状況(天候、気温等)により異なります。

公式サイトでみる

もっと手軽に楽しめるLEDやキャンドルもご紹介

LEDランタンは火を使わず、燃焼性の高い燃料も使わないため、子供でも安心して使えます。

燃料は充電型、電池型、太陽光発電型など様々ですが、いずれのものも安全面はばっちりです。

懐中電灯と兼用のものもあれば、暖色でオイル系の雰囲気を楽しめるモデルもありますよ!

長時間使う場合は、モバイルバッテリーや電池の用意だけ忘れないようにしましょう。

一方でキャンドルランタンは、名前の通りロウソクや固形燃料を灯すタイプのランタンです。

他の光源と比べると光量の面で劣りますが、ロウソク特有の温かみのある光は癒やされること間違いなしです。

おすすめLEDランタン2選

まずはLEDランタンから紹介します。

アンティーク暖色LEDランタン(ハンマトーン ブラック)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,664 (2024/07/22 02:26:24時点 Amazon調べ-詳細)

一見するとキャプテンスタッグの小サイズのガスランタンとそっくりですが、LEDを採用したモデルです。

乾電池4本を必要とし、最大の明るさにしても連続8時間使用できます。

重量も230gと軽く、お子様に持たせるのにも便利でしょう。

参考価格 4,400円(税込)
製品サイズ 外径120×高さ220mm(取っ手含まず)
重量 230g
材質 本体・持ち手:鉄(ハンマートン塗装)、スイッチ:ABS樹脂、リフレクター:ポリスチレン、ホヤ:ガラス
仕様/その他 光源:暖色LED(発光ダイオード)12個
電源:DC6V単3形乾電池4個使用(別売)
電池寿命:連続最小約8~最大24時間(アルカリ乾電池使用時)※使用状況により異なります。

公式サイトでみる

CS ファン付きCOBランタン(ブラック)

近代的なデザインをしているランタンで、上部には小型のファン(扇風機)が付いています。

幅87mm、高さ140mmと非常にコンパクトでテント内の空調兼ライトとしても便利です。

機能性と安全性を備えたおすすめのLEDランタンです。

参考価格 2,090円(税込)
製品サイズ 幅87×奥行87×高さ140mm(ハンドル含まず)
重量 240g(乾電池含まず)
材質 本体・ホヤ:ポリスチレン、羽根:ポリプロピレン、持ち手:鉄(ニッケルめっき)
仕様/その他 光源:暖色COB 3個、電源:DC4.5V 単3型乾電池3個使用(別売)
明るさ(約):200ルーメン
連続使用時間(約)/ライトのみ:8時間、ファン:ローモード=8時間、ハイモード=5時間、ライト+ファン:2時間

公式サイトでみる

おすすめキャンドルランタン2選

続いてキャンドルタイプのランタンも2つ紹介します。

CS キャンドルランタン(ブロンズ)

下部がどっしりとしているキャンドルランタンで、卓上用に最適。もちろん吊り下げて使う事もできます。

キャンドルタイプはLEDランタンの次に安全性が高く、燃料の交換も簡単です。

参考価格 2,750円(税込)
製品サイズ 直径100×高さ180mm
重量 140g(本体のみ)
材質 本体・かさ:鉄(銅めっき)、ホヤ:ガラス
仕様/その他 付属品/キャンドル1個
キャンドル燃焼時間(約):4~5時間 ※燃焼条件により異なります。

公式サイトでみる

ブロンズキャンドルランタン

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥5,250 (2024/07/22 08:15:55時点 Amazon調べ-詳細)

上記で紹介したキャンドルランタンと明るさはほぼ一緒ですが、旧モデルとなります。

多少デザインは違うものの、価格が安いのでおすすめです。

参考価格 1,210円(税込)
製品サイズ 外径103×高さ175mm
重量 150g(キャンドル含む)
材質 本体・かさ:鉄(プロンズ仕上げ)
仕様/その他 付属品:専用キャンドル1個
燃焼時間(約):4時間※燃焼条件により異なります。

公式サイトでみる

破損防止にケースを買っておこう!

せっかくランタンを買うのであれば、携帯用のケースも入手しておきましょう。

特に燃料を使うタイプは、中身が漏れて引火したら大変なので重要です。

CS ランタンケース〈M〉(オリーブ)

こちらは125×125×250mmまでのランタンを収納できるソフトケースです。

中にはクッション素材が仕込まれているので、大事なランタンを衝撃から守ってくれます。

参考価格 2,640円(税込)
製品サイズ 幅140×奥行150×高さ280mm
重量 220g
材質 本体生地:ポリエステル600D、内生地:ポリエステル、クッション材:発泡ポリエチレンフォーム・ポリエチレン

公式サイトでみる

シェードやホヤが破損してもパーツごとに買い替え可能

キャプテンスタッグでは、ランタンのパーツをだけを購入することができるので、破損した場合に買い替えたり、予備のパーツをストックしておくこともできます。

シェードやホヤって何?

シェード シェードとはランタンの傘部分にあたるパーツです。
面積が広く薄いので、落とした時に凹んだり、汚れが取れなくなったりすることもあるでしょう。
ホヤ ホヤとは火を囲むガラス部分のパーツです。
風防や意図しない引火から守る重要なパーツですが、ガラス製なので割れてしまうことがあります。

シェードやホヤ以外では、オイルランタンの芯も消耗品と言えます。替え芯を予め用意しておいても良いでしょう。

シェード

オイルランタン用のシェードはそれぞれのサイズ(小、中、大)用に3つのサイズで展開しています。

サイズによる価格差はそれほどありませんが、適正サイズのものを選ぶと良いでしょう。

直径 重量 参考価格
小サイズ 直径140×14mm 65g 1,760円
中サイズ 直径170×15mm 95g 1,925円
大サイズ 直径190×20mm 110g 2,200円

CS オイルランタン〈小〉用 シェード ブロンズ

小サイズのシェードはこちらです。ブロンズの他にシルバーカラーも販売しています。

公式サイトでみる

ホヤ

キャプテンスタッグ製CSオイルランタンのホヤが破損してしまった場合、純正品を交換するのがベストです。

価格はそれほど高くないので、いくつか予備に持っておくのも良いでしょう。

対応製品 参考価格
小サイズ CSオイルランタン小 550円
中サイズ CSオイルランタン中 660円
大サイズ CSオイルランタン大 770円

CS オイルランタン<小>用ホヤ

CS オイルランタン小用のホヤはこちらです。購入予定、もしくは持っているオイルランタンと別のサイズを買わないように注意しましょう。

公式サイトでみる

ランタンはキャプテンスタッグ!

はじめてランタンを購入するなら国内メーカーであるキャプテンスタッグ製がおすすめです。

歴史と信頼性もさることながら、サポート面についても安心できるし、使い勝手も抜群です!

輸入品とくらべてコスパにすぐれるのもポイントですね!

キャプテンスタッグ以外のランタンが気になる方は下記のページを参考にしてみてくださいね!

【2023年】キャンプランタンおすすめ45選|選び方の4つの極意を解説

【2023年】キャンプランタンおすすめ45選|選び方の4つの極意を解説

2023年07月28日

 

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load