BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

「最高のロードバイク」を決めるバイシクル・オブ・ザ・イヤー ノミネート10台紹介!【日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2023】

もっとも優れたロードバイクを決定する「バイシクル・オブ・ザ・イヤー」の季節が近づいてきた。この賞は、毎年多くの新作ロードバイクが集うなかで「もっとも優れたバイク」を決めるという名誉あるもの。結果発表は年明けを予定。ここではその候補となるノミネートバイク、2023年の注目バイクを紹介していく。賞の選考員の一人であるハシケンもコメントも追えてお送りする。

前年の「バイシクル・オブ・ザ・イヤー」に輝いたのは、日本ブランドであるアンカーのRP9だった!
ロードバイク2022年のNO.1はANCHOR/RP9【日本バイシクル・オブ・ ザ・イヤー2022】

ロードバイク2022年のNO.1はANCHOR/RP9【日本バイシクル・オブ・ ザ・イヤー2022】

2022年01月20日

「バイシクル・オブ・ザ・イヤー」ノミネートバイク10台のなかから「真の1台」が決まる

本審査は事前に挙げられた複数の候補モデルの試乗車に、複数の自転車ジャーナリストが実際に乗って評価。そのなかでもっとも評価が高かったモデルが「バイシクル・オブ・ザ・イヤー」受賞となる。

ノミネートバイクとなる10台

今回ノミネートバイクは基本的に2021年10月~2022年11月の間に発表されたモデルからの選出となっているが、年式を定めないブランドも含むため、正式に「2023年モデルと定義されるもの」に限っているわけではない。以下に選ばれた10台を紹介しよう。

キャノンデール/シナプス カーボン 1 RLE

115万5000円(完成車)

バッテリー内蔵ロードバイク、スマートセンス搭載の新型「Synapse」発売|Cannondale

バッテリー内蔵ロードバイク、スマートセンス搭載の新型「Synapse」発売|Cannondale

2022年01月18日

 

キャニオン/アルティメット CFR

131万9000円(完成車)

超軽量オールラウンドロードレースバイクの第5世代『アルティメット』|CANYON 

超軽量オールラウンドロードレースバイクの第5世代『アルティメット』|CANYON 

2022年09月08日

 

サーヴェロ/S5

214万5000円(完成車)

ツール・ド・フランスを総合優勝したバイク! 最新エアロロード「S5」|cervelo

ツール・ド・フランスを総合優勝したバイク! 最新エアロロード「S5」|cervelo

2022年07月26日

チャプター2/ココ

41万5580円(フレームセット)

チャプター2から進化したエアロロード「KOKO」登場! 最速試乗レビューをお届け

チャプター2から進化したエアロロード「KOKO」登場! 最速試乗レビューをお届け

2022年02月22日

コルナゴ/C68 ディスク

91万3000円(フレームセット)

コルナゴが4年ぶりの新モデル「C68」を発表、チタン限定モデルも登場|COLNAGO

コルナゴが4年ぶりの新モデル「C68」を発表、チタン限定モデルも登場|COLNAGO

2022年04月21日

ジャイアント/プロペル アドバンスド SL 0

 

159万5000円(完成車)

新型プロペルをハシケンが試乗、直線番長から軽い万能型エアロロードへ進化|GIANT

新型プロペルをハシケンが試乗、直線番長から軽い万能型エアロロードへ進化|GIANT

2022年08月26日

インターマックス/インターマックス 25

138万6000円(完成車)

創業25周年! インターマックスが50台限定の記念モデル「InterMax 25」を発売

創業25周年! インターマックスが50台限定の記念モデル「InterMax 25」を発売

2022年11月01日

ラピエール/ゼリウス SL 8.0

96万8000円(完成車)

軽さと空力に磨きをかけた第3世代目「ゼリウス」登場|LAPIERRE

軽さと空力に磨きをかけた第3世代目「ゼリウス」登場|LAPIERRE

2022年11月21日

トレック/ドマーネ SLR

 

159万3900円(プロジェクトワン完成車)

4代目となる新型ドマーネを発表、真のハイパフォーマンスバイクを体現!|TREK

4代目となる新型ドマーネを発表、真のハイパフォーマンスバイクを体現!|TREK

2022年09月09日

トレック/マドン SLR

175万6700円(完成車)

第7世代の新型マドンSLR誕生! 空力と軽さを大幅に引き上げた近未来エアロロード|TREK

第7世代の新型マドンSLR誕生! 空力と軽さを大幅に引き上げた近未来エアロロード|TREK

2022年07月01日

バイシクル・オブ・ザ・イヤー選考員のハシケンよりコメント

年に1度、各社の最新モデルの中から、その年を代表する1台を選ぶ日本バイシクル・オブ・ザ・イヤーの季節がやってきた。今回揃ったベスト10モデルはどれも興味深い。業界(メディア)主催のこのコンテストからは、最新モデルの相対比較はもちろん、時代時代で存在価値を高めたモデルを振り返り、ロードバイクのトレンドや進化の過程を振り返ることもできる。

この10年で紆余曲折を経てディスクブレーキ化が進むなか、ロードバイクの開発はエアロに重きが置かれ、今回のベスト10モデルもその傾向はさらに加速している。 エアロロードは、さらなる最速に価値を求めて進化。一方で、軽量モデルはエアロを、エンデュランス系モデルも空力と軽さを大幅に進化させてきた1年。 世代を重ねて熟成を遂げているプロペル、マドン、S5など注目のエアロロードも多いが、総合価値を高めた非エアロロードがエアロロードのポジションを食って頂点に立つ可能性もあるのではと予想する。

本コンテストの過去の受賞バイクは次の通り。ジャイアント・プロペル(2018年)、スペシャライズド・ヴェンジ(2019年)、キャノンデール・スーパーシックスエボ(2020年)、スペシャライズド・エートス(2021年)、アンカー・RP9(2022年)。次に頂点に立つモデルは果たして・・・。 我々ジャーナリストは、実際に試乗を行い、価格を含めてあらゆる観点から相対評価をしなればならない。みなさんもどのモデルが選ばれるのか是非楽しみにしていただきたい。

※結果発表は年明け1月中を予定
※ノミネートされたバイク10台は、今後アップデートする可能性があります。

Info

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x