BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バンカーショットが上達する! 基本の打ち方と攻略法で一発で脱出する

PAGE
4 / 8

フェースをシャットに使うとまっすぐ上げやすい

バンカーショットのヘッド軌道のイメージはストレートで良い。ただし、ヘッドだけをまっすぐに動かそうとすると体から手が離れてしまうので、あくまでも体の回転に沿って腕とクラブを動かそう。「ストレート」とは、手首を使って開閉させる必要はないという意味だ。ストレートに上げる時に少しフェースをシャット気味するとターゲットラインに対してまっすぐ上がりやすい。フェース面が常にボールを向いている感覚で振ろう。

手首を返さずにインパクトに力を集中

プロや上級者の中でもバンカーショットが上手い人はインパクトで「パーン」と乾いた良い音がする。これはインパクトでエネルギーが逃げていない証拠だ。ポイントは体の正面でしっかりインパクトすること。そのためには手首の余計な動きを抑えて、ソールから砂に着地させていこう。

ピンまで距離がある場合のバンカーショット

左ワキを締めたまま振り抜く

ピンまで距離があって、しっかり飛ばしたい時は左ワキを絶対に緩めないこと。左ワキを締めたままフォローまで振り切ろう。大きく振ろうとすると腕が体から離れやすくなるので注意が必要だ。腕が体から離れると、仮に上手くコンタクトできたとしても当たり負けをしたり、地面に跳ねられたりする可能性がある。しっかりインパクトして振り切るために、左ワキの締まりはマストだ。
左ワキは意識していないと開きやすくなる。極端に締めてちょうど良い。インパクトで当たり負けしなくなる。

体の回転と同調させながらフェースをターンさせていこう

飛距離を出したいシチュエーションでは少しフェースを返しながらフォローまで振っていきたい。この時、上の項目で説明したように左ワキが開かないのが前提で、フェースをターンさせていこう。手首だけでこねる返し方ではなく、体の回転と同調させながら返していくのがポイントで、ヘッドのトゥ側をターゲット方向に向けていくようなイメージで振ると自然にターンしてくれる。

左手をストロンググリップで握ると、インパクトからフォローにかけてフェースをターンさせやすくなる。

手首だけを返すと引っ掛けになるので注意。体の回転と腕の動きをシンクロさせながら振り抜いていく。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load