BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

デイキャンプin関東!自然でリフレッシュできる日帰りスポット15選

キャンプに行けば気分をリフレッシュでき、日頃の疲れを癒せます。

仕事で室内にこもりっぱなしの方や、普段アウトドアに行かない方はキャンプに行けば気分を変えられますよね。しかし、宿泊することを考えると荷物の準備が大変で日程も空けづらいため、キャンプに行くのを諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、関東地方における日帰りでデイキャンプを楽しめるキャンプ場を紹介します。

この記事を読めば、東京・神奈川・千葉・埼玉などでデイキャンプを楽しめるキャンプ場の特徴やアクセス、プランなどの基本情報を得られます。関東地方にお住みの方や関東地方でデイキャンプしようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

デイキャンプができる場所は関東に多い

デイキャンプやバーベキューが可能なキャンプ場は日本各地に数多く存在します。都心周辺にも複数キャンプ場があり、アクセスが良く行くのに時間がかからないため、気軽にデイキャンプできます。

また都心から離れた埼玉や千葉、神奈川などにも人気のキャンプ場が点在しています。そこでこの記事では、主に東京・神奈川・千葉・埼玉の4都県にあるデイキャンプ可能なキャンプ場を紹介していきます。

デイキャンプin関東 東京

東京は日本の中心となる都市で、人口が多いだけでなく商業施設や企業、国の機関などが集まっています。都市面積も広くなく建物が密集しているため、仕事や買い物のためだけに来る人も多い場所です。

そんな東京にも、都心から少し離れた所にはキャンプ場が複数あります。ここでは、東京でデイキャンプを楽しめる場所を3つ紹介します。

しながわ区民公園

しながわ区民公園は自然豊かな広場や人工湖、スポーツなどもできる球場やコートがある公園です。園内にある施設の1つとしてデイキャンプ場があり、電話で仮予約したあと利用日1週間前までに窓口で申し込めば利用できます。

4人掛けのテーブルとバーベキューできる釜があり、屋根付きの炊事場も1棟あります。有料でレンタル可能な用具や燃料の販売もしているほか、事前に予約制のためゆったりとしたスペースで気軽にバーベキューを楽しめるデイキャンプ場です。

  • 住所:東京都品川区勝島3-2-2
  • アクセス:京急線 立会川駅から徒歩5分
  • 営業期間:3月1日~11月30日
  • 公式サイト:しながわ区民公園
  • 電話番号:03-3762-0655
  • レンタルプラン:バーベキューセット・鍋セット
  • ※利用代表者は区内に在住・在勤・在学の20歳以上限定

築地川公園デイキャンプ場

東京都中央区に在住もしくは在勤者が利用できる、木々に囲まれた小さめのデイキャンプ場です。築地駅から徒歩3分ほどの場所にあるためアクセスが良く、近くには新鮮な海産物を購入できる築地市場もあります。

バーベキューを楽しむためには、調理器具や材料、食器などを用意する必要がありますが、鉄板や網などはバーベキュー場のものを使用できます。ビルなどが立ち並ぶ都心部の公園ながら遊具やドッグラン、バスケットボール施設などもあり、体も動かせるデイキャンプ場です。

  • 住所:東京都中央区築地3-6-3
  • アクセス:東京メトロ日比谷線 築地駅から徒歩約3分
  • 営業期間:12月28日~1月4日を除き通年
  • 公式サイト:中央区 デイキャンプ場
  • 電話番号:03-3546-1505
  • レンタルプラン:鉄板・鉄網・バケツは無料貸し出し

若洲公園キャンプ場

若洲公園キャンプ場は日帰りバーベキューの場合であれば、収容人数は約1,500名にものぼる施設です。16時までに受付を済ませればデイキャンプでも21時までキャンプ可能で、朝から行けばデイキャンプながら1日ゆっくりできます。

共用施設として炊事場や野外炉のほかファイアーサークルが5か所あり、経験者と事前予約が必要なもののキャンプファイヤーも楽しめます。コインシャワーも2か所あるため、キャンプ中に汗をかいたときや、料理で汚れてしまった場合でもさっぱり洗い流してから帰れます。

器材のレンタルや食材などの販売、器材や食材がセットになったプランなどもあり、手ぶらで気軽にキャンプを楽しめるキャンプ場です。

  • 住所:東京都江東区若洲3-2-1
  • アクセス:JR京葉線 新木場駅からバスで15分
  • 営業期間:12月29日~1月3日を除き通年(毎週火曜日は休場、火曜が祝日の場合は翌日)
  • 公式サイト:海上公園なび
  • 電話番号:03-5569-6701
  • レンタルプラン:手ぶらでバーベキュー、手ぶらでキャンプ、選べるツールレンタル

デイキャンプin関東 神奈川

関東地方の南西にある神奈川県は、都市部にある観光スポットだけでなく箱根や江の島など、自然を堪能できる人気観光地も多い地域です。その中でも、山が連なる県西部や相模湾に面するエリアにはアウトドアを楽しめるスポットが数多く存在します。

グラウンドや遊具によるレジャーだけでなく、海や川でできるアクティビティを楽しめるキャンプ場も豊富にあります。ここでは、そんな神奈川県にあるキャンプ場を3つ紹介します。

滝沢園キャンプ場

神奈川県秦野市にある自然に囲まれた川沿いにあるキャンプ場です。デイキャンプは当日受付のみで川原のフリーサイトでバーベキューや川遊びを楽しめます。

調理器具のレンタルは器具ごとに値段が決められており、そのほか薪や炭なども購入可能です。またバーベキュー用の食材などがセットになったプランもあり、自分で準備しなくてもデイキャンプを楽しめます。

駐車料金が別途必要なものの車でも行けるため、ドライブがてら行くのもおすすめです。民宿やバンガローなどの施設も充実しており、キャンプで宿泊したい場合にもピッタリのキャンプ場です。

  • 住所:神奈川県秦野市戸川1445
  • アクセス:小田急線渋沢駅から神奈中バス大倉行きに乗り終点で下車後徒歩で約10分
  • 営業期間:記載なし
  • 公式サイト:滝沢園キャンプ場
  • 電話番号:0463-75-0900
  • レンタルプラン:バーベキューセット(日帰り施設費、鉄板、まき、皿、箸、食材)

清川リバーランド

東名高速道路厚木ICから約30分のところにある総合アウトドアレジャーランドです。食材を持ち込んでできる日帰りバーベキューのほか、釣りや魚のつかみ取りなどのアクティビティを楽しめます。

キャンプ場付近に流れる谷太郎川は木々に囲まれており、日々の疲れを癒しながら川遊びを満喫できます。魚だけでなく沢ガニなどの生物も生息しており、自然が好きな方にもおすすめです。

電車などで気軽に行けるような立地ではありませんが、コテージやバンガローもあるため家族や友達同士で宿泊も可能なキャンプ場です。

  • 住所:神奈川県愛甲郡清川村煤ケ谷2450
  • アクセス:東名高速道路 厚木ICから車で約30分
  • 営業期間:年末年始以外
  • 公式サイト:滝川リバーランド
  • 電話番号:046-288-3715
  • レンタルプラン:無し(道具ごとにレンタル料あり)

芦ノ湖キャンプ村 レイクサイドヴィラ

神奈川県西部・箱根の芦ノ湖畔にあるキャンプ場です。オートキャンプサイトとテントキャンプサイトを日帰りで使用でき、自身で持ち込んだテントなどのキャンプ用品を使用してデイキャンプを楽しめます。ご予約はご利用日の前日からはお電話にて可能です。

手ぶらで行ってもバーベキューを楽しめるコース(要予約)もあり、気軽にアウトドア料理を楽しめます。料理コースは1種類のみではなく、スタンダード・ライト・プレミアムなど予算に合わせて選択できます。

電動アシスト付き自転車のレンタサイクルもあり、芦ノ湖の周辺をサイクリングできます。

  • 住所:神奈川足柄下郡箱根町元箱根164
  • アクセス:東名高速道路 箱根口ICから車で約30分
  • 営業期間:年中無休
  • 公式サイト:芦ノ湖キャンプ村 レイクサイドヴィラ
  • 電話番号:0460-84-8279
  • レンタルプラン:バーベキューコース(食材、トング、おこしがね、割りばし、紙皿)

デイキャンプin関東 千葉

関東東部にある房総半島の大部分を占める千葉県は、海に面している部分も多い地域です。海のレジャーや美味しい海産物を楽しめるだけでなく、国際空港や大きなテーマパークもあり人の出入りも多い県です。

起伏が少なく大きな山はないものの、自然に囲まれたキャンプ場は複数あり、海岸沿いでデイキャンプを楽しめる施設もあります。ここでは、千葉県でデイキャンプを楽しめるスポットを3つ紹介します。

清水公園キャンプ場

キャンプやバーベキューだけでなく、フィールドアスレチックや釣り堀、総合花園などを楽しめる複合施設です。事前に予約が必要ですが、一度のお出かけで複数のアクティビティを体験・挑戦できます。

デイキャンプ利用においては、必要な道具や食材などを自分で準備するスタイルで、ルール内で自分の好きなようにキャンプを楽しめます。タープやテントも使用できるため、宿泊しなくても十分キャンプ気分を味わえるでしょう。

キッチンカーやカフェ・売店なども充実しているため、キャンプ道具だけを持って気軽にデイキャンプできる施設です。

  • 住所:千葉県野田市清水906
  • アクセス:東武アーバンパークライン(東武野田線)「清水公園駅」下車 西口徒歩10分
    常盤自動車道柏インター 国道16号線経由 約12km
  • 営業期間:年末年始以外
  • 公式サイト:清水公園
  • 電話番号:04-7125-3030
  • レンタルプラン:無し(道具ごとにレンタル料あり)

森のまきばオートキャンプ場

千葉県の房総半島にある広々としたテントサイトが特長のオートキャンプ場です。フリーサイトは200箇所分もあり、車で直接キャンプサイトに入れるため荷物を運ぶ手間がかかりません。

施設にはシャワーやお手洗い、屋根付きの炊事場があるほか、ドッグランや動物小屋などもありペットと一緒にキャンプできます。広々とした開けた空間でデイキャンプを楽しみたい方や、キャンプにペットをつれ行きたい方にもおすすめのキャンプ場です。

  • 住所:千葉県袖ケ浦市林562-1-3
  • アクセス:館山自動車道 姉崎・袖ヶ浦ICから車で約10分
  • 営業期間:年末年始以外(毎週月、第1・3火曜日は定休日)
  • 公式サイト:森の牧場 オートキャンプ場
  • 電話番号:0438-75-2966
  • レンタルプラン:無し(道具ごとにレンタル料あり)

RECAMP しょうなん

東京や埼玉からそれほど離れていない千葉県柏市にある手賀の丘公園内にあるキャンプ場です。4人から8人まで気軽にデイキャンプを楽しめる日帰りプランがあり、デイキャンプのエリアは犬を連れていくこともできます。

昼と夕方の2部構成になっており、ゆっくりデイキャンプを楽しみたい場合は連続での使用も可能です。キャンプサイトは木々に囲まれた落ち着いたエリアが広がっており、車をキャンプサイトに横付けできるため荷物が多くても楽に設営できます。

設備不要なテントプランもあるため、デイキャンプでなくても気軽にキャンプできる施設です。

  • 住所:千葉県柏市片山275
  • アクセス:常磐自動車道 柏ICより車で約30分
  • 営業期間:通年営業
  • 公式サイト:RECAMP しょうなん
  • 電話番号:非公開(予約はHPから可能、問い合わせはメールのみ)
  • レンタルプラン:調理ギア付きプラン、テント設営済みプラン

デイキャンプin関東 埼玉

埼玉県は東京の北に位置し、アクセスの良さから東京で働く人が多く暮らしている住みやすい地域です。海に面していないものの、県西部は自然豊かな環境が広がっており様々なキャンプ場があります。

車がない場合アクセスはそれほどよくありませんが、キャンプ場の数が多いため自身が求める環境の施設を見つけられるでしょう。ここでは、埼玉県にあるキャンプ場を3つ紹介します。

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場

都心部から1時間程度で行ける、ソロでも家族でも安心して楽しめるキャンプ場です。キャンプ初心者の方でも気軽に行けるようにキャンプインストラクターが在中しており、分からないことがあってもすぐに質問できます。

手ぶらで行ってもキャンプできるようにレンタル品も豊富で、予約が必要なもののテントやタープなどもレンタルできます。アウトドア初心者に向けたCAMPパックも用意されており、お得な価格でキャンプに必要な道具を一式借りることも可能です。

一般サイトだけでなくログハウスや常設テントサイトも日帰りで使用できるため、日帰り旅行におすすめの施設です。

大鳩園

埼玉県上名栗にある、約1㎞にわたる川沿いに複数のキャンプサイトがあるキャンプ場です。山に囲まれており木々も豊富で、キャンプサイトごとに景色や川の特徴が違います。キャンプエリアは散策可能で、川や森などに生息する生物の観察や自然に囲まれたエリアをゆっくり散歩できます。

エリアにもよりますが、キャンプサイトは他のキャンプ場に比べてしっかり整備されているわけではありません。そのため、より自然に近い環境でキャンプしてみたい方におすすめのキャンプ場です。

  • 住所:埼玉県飯能市上名栗2325-5
  • アクセス:圏央道 青梅ICより車で約42分
  • 営業期間:3月~11月
  • 紹介サイト:大鳩園
  • 電話番号:042-979-0041
  • レンタルプラン:無し(道具ごとにレンタル料あり)

川の広場バーベキュー場

埼玉県ときがわ町にある2つの川が合流する場所にあるバーベキュー場です。調理道具がセットになっているサイト、道具を持ち込んでできるサイト、フリーサイトの3種類から選べ、お好みの条件でBBQを楽しめます。

キャンプ場近くには地元の農産物直売所があり、新鮮な野菜を購入できます。日陰ができるよう木々が生えたエリアがあり、川にも入れるため暑い季節でも快適にBBQや水遊びを楽しめます。

都心からも近く、ちょっと息抜きしたい方や子どもと一緒にBBQをしたい方にもおすすめの施設です。

  • 住所:埼玉県比企郡ときがわ町玉川4439‐5
  • アクセス:関越自動車道「東松山IC」から約20分
  • 営業期間:1月1日~1月4日以外
  • 公式サイト:川の広場バーベキュー場
  • 電話番号:0493-65-1171
  • レンタルプラン:調理器具等がセットになった予約サイト有り

デイキャンプin関東 茨木・群馬・栃木

都心からは少し離れてしまいますが、東京に隣接しない茨城・群馬・栃木でもデイキャンプを楽しめるスポットは豊富に存在します。自然に囲まれた地域も多いため、デイキャンプに行けば日頃の疲れをしっかり癒せるでしょう。

東京周辺で暮らしている方が日帰りで楽しむのは難しい地域ですが、少し足を延ばしてリフレッシュするのもおすすめです。ここでは、茨城・群馬・栃木県のキャンプ場をそれぞれ1つずつ紹介します。

つくばねオートキャンプ場(茨城)

常磐自動車道の土浦北ICから車で約30分ほどのところにある、のどかな自然に囲まれたオートキャンプ場です。日帰りで楽しめるフリーサイトやオートキャンプサイトがあり、開けた空間でキャンプを楽しめます。

木々に囲まれたサイトもあり、ソロで静かにキャンプを楽しみたい人にもおすすめです。広い空間で安全に遊べる林間広場もあり、キャンプ施設利用者は無料で利用できます。

お手軽にバーベキューできるスペースもあり、道具もレンタルできるため手ぶらでも行けるキャンプ場です。

  • 住所:茨城県石岡市小幡2132−14
  • アクセス:常磐自動車道 千代田石岡ICまたは土浦北ICより車で約30分
  • 営業期間:通年
  • 公式サイト:つくばねオートキャンプ場
  • 電話番号:0299-42-2922
  • レンタルプラン:無し(道具ごとにレンタル料あり)

赤城山オートキャンプ場(群馬)

群馬県の赤城山山中にある大自然の中で、オートキャンプを楽しめるキャンプ場です。ソロ向けやファミリー向けのサイトだけでなく、3家族で使える大型サイトや絶景を楽しめるスカイエリアなど、多種多様なサイトがあります。

デイキャンプはレギュラーシーズンのみの利用に限られ宿泊施設などは選択できませんが、このキャンプ場でしか味わえない食材をBBQで味わえます。レンタル品も充実しており、道具を借りてBBQを楽しみたい方でも安心です。

季節ごとの場内イベントやアスレチック設備もあり、友人や子どもと一緒でも楽しく遊べるキャンプ場です。

  • 住所:群馬県前橋市三夜沢町425‐1
  • アクセス:北関東道 駒形ICより車で約30分
  • 営業期間:通年(デイキャンプはレギュラーシーズンのみ)
  • 公式サイト:赤城山オートキャンプ場
  • 電話番号:027-283-8368
  • レンタルプラン:BBQレンタルセット、テントセット有り

出会いの森総合公園オートキャンプ場(栃木)

首都圏から車で90分ほどの距離にある、栃木県鹿沼市のオートキャンプ場です。大きな川に隣接するように作られたキャンプ場で、暑い季節であれば川遊びや魚捕りを楽しめます。

四季によって景観が変わり、どの季節でも美しい景色の中でキャンプできます。BBQ用の調理器具だけでなくテントやタープ、シュラフなどもレンタルできるため、キャンプ道具を持っていなくてもキャンプ気分を味わえます。

近隣には日帰り温泉を楽しめる施設もあるため、デイキャンプと合わせて気分をリフレッシュできるキャンプ場です。

  • 住所:栃木県鹿沼市酒野谷1335-3
  • アクセス:東北道 鹿沼ICより車で約20分
  • 営業期間:通年営業(年末年始を除く)
  • 公式サイト:出会いの森総合公園 オートキャンプ場
  • 電話番号:0289-60-3321
  • レンタルプラン:無し(道具ごとにレンタル料あり)

週末に関東でデイキャンプを楽しもう

いかがでしたでしょうか。ここまで関東地方でデイキャンプを楽しめるキャンプ場を都県ごとに紹介してきました。

キャンプ場にもよりますが、1日休みがあればキャンプ道具などを持っていなくても日帰りで十分キャンプを楽しめます。キャンプ場にはそれぞれ目玉となるような大自然や遊び場などもあり、日頃の疲れやストレスなども発散できるでしょう。

東京都心からでもすぐに行けるようなキャンプ場はたくさんあるため、リフレッシュしたいときはデイキャンプに出掛けてみてはいかがでしょうか。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load