BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

飛距離不足に悩むゴルファーたちは、もっと飛ばそうとして体を一生懸命に使おうとします。とにかく体を大きく回せば飛ばせそうな気がするかもしれませんが、それは逆効果。体のマイナスの動きがスイングの効率を悪くし、ヘッドスピードを低下させてしまうケースが多いのです。「ツイスト打法」は体を効率よく動かすことで驚異的な飛距離を生み出せるスイングとしてお馴染みです。今回は、このメソッドを、より親しみやすく、すぐにマスターできるようにアレンジした「ネオ・ツイスト打法」をご紹介します。

ツイスト打法の最大のポイントは、インパクトの瞬間のブレーキング

ツイスト打法の一番のポイントは「ブレーキング」です。松山英樹選手のように頭を残して振り抜いたり、最近よく耳にする反力のようにインパクトで両足を蹴って腰の回転を制限したりといった、スイング中の体の動きにブレーキングをきかせることでヘッドスピードを向上させるのです。

頭の動きや腰の回転を制限するのがコツ。

体を回そうとしたり、下半身を積極的に使おうとしたりすると体へのブレーキングが働きにくくなります。ダウンスイングからインパクトにかけて左半身が伸びてヘッドアップしたり、下半身が緩んで上体が突っ込んだりしてしまうのです。

下半身が緩んだり(左)、体を使おうとしすぎてヘッドアップしたり(右)するとヘッドスピードが上がらない。

要は体を使おうとすればするほど体が早く開きやすく、振り遅れやすいのです。そうするとインパクトエリアで両手が返らず、フェースが開いた状態でボールをとらえる結果となります。

ブレーキングを働かせるのは、振り遅れ防止のためです。体が早く開かないようにして、両手を返してクラブヘッドを走らせれば、筋力に頼らなくても簡単に飛距離は伸びます。

ツイスト打法の原理

体を使おうとしてヘッドスピードが上がらなくなるのは、上体と下半身が同じ方向に一緒に動くためです。腰と肩を左に回転して、腕とクラブも同じ方向に振るのだから一緒に動くのは当たり前だろうと思うかもしれません。ところが、体の上と下が同じ方向に動くとパワーが逃げてしまいます。なぜなら体へのブレーキングが働かず、緩みが生じるからです。

椅子に腰かけてクラブを胸の前で立ててください。そのまま体を右に回してみましょう。そうすると、下半身はどの方向に動くでしょうか。上体が動こうとするのとは反対の左に下半身が動こうとすることがわかります。そうしないと上体を右に回せないからです。同時に、腰掛けたままでは上体と下半身を同じ方向には動かせないこともわかります。

上体を右に回すと下半身は左側に回ろうとする。上体を左に回せば、今度は下半身が右側に動こうとする。

この上体と下半身の逆回転を利用したのがツイスト打法です。インパクトエリアで上体が回ろうとする方向に対して、下半身を逆回転させるイメージでブレーキングを働かせることで大きなパワーを生み出せるのです。

ハンドファーストの形をつくりやすいツイスト打法

ゴルフのスイングにおいては、自分のイメージと実際の形に大きなギャップが生じることがよくあります。自分ではトップをコンパクトな位置に止めたつもりでも、鏡で確認したらオーバースイングになっていた経験がある方も多いでしょう。

同じことはインパクトのイメージにも当てはまります。インパクトはハンドファーストが理想形とよくいいますが、体の回転ばかり意識している人が最初からハンドファーストの形をイメージすると体が早く開き、手がどんどん先行したインパクトになりすいのです。

振り遅れやすい人には「インパクトで手を返しましょう」とアドバイスしますが、どこで両手を返すかというと、ボールを打つ前に右手を真正面に向けてしまうくらいのタイミングがベストです。それでは左に引っかけてしまうと思うかもしれませんが、そのくらいのイメージをもたないとインパクトでフェースがスクエアに戻り切らない人が大半です。

ツイスト打法は、下半身を「我慢」して腕を積極的に振る“究極の手打ち”

ツイスト打法は基本的には手打ちです。「手打ち」と聞くと印象が良くないかもしれませんが、「筋力がない」「柔軟性がない」など体のデメリットを抱えている人でも関係なく実践できる、究極の手打ちと断言しても良いでしょう。

体を回せば腕とクラブが振られるという考え方もありますが、ツイスト打法は「腕を振れば体の回転もついてくる」という考え方です。むしろ体を回さずに腕を振るイメージをもつことを勧めたいくらいです。プロのスイングは腰がしっかり回転しているように見えますが、本人たちは意外なほど腰を回す意識はもっていません。多くのアマチュアはその形だけをまねようとするから間違いが起こるのです。

ツイスト打法はベタ足をキープし、手の返しを使って腕をスムーズに振る。

ツイスト打法では、下半身の「我慢」を教えています。通常のスイングでは下半身は確かに動きますが、積極的に動かすのではなくて「頑張る」ものです。まずは下半身を「ベタ足」にして腕をしっかり振りましょう。それがツイスト打法の出発点です。

フォロースルーで左ヒジが引ける手打ちはNG。両手の返しが使えず、ヘッドスピードが上がらない。
インパクトで右手首が手のひら側に折れるのも悪い手打ちだ。

ネオ・ツイスト打法の基本テクニック

今の体力、筋力のままでも驚くほど飛ばせるようになるツイスト打法。まずは、体の正しい使い方と、効率よくヘッドスピードを上げるための基本テクニックをマスターしましょう。

1. 「ケン、ケン、パッ」で着地した体勢で構えよう

どんなスイングであっても、アドレスではバランス良く構えることが重要です。ツイスト打法にもいえることですが、アドレスにはこう構えなくてはならないという定義はあってないようなもの。身長や体型などはゴルファーによって違うので、アドレスも違って当然です。どう構えれば良いのか分からないという人が多いのですが、「ケン、ケン、パッ」をして両足を着地した姿勢をつくってみるのがおすすめ。こうするとバランス良く立つ感覚や、重心の置き所が把握できます。アドレスの前傾角度やスタンスの幅も人それぞれです。「ケン、ケン、パッ」をするだけで自分にマッチした体勢が本能的につかめます。

ケン、ケン、パッで着地した時のように、自然な前屈みの姿勢でアドレスをつくるのが良い。

2. アドレスは猫背でもOK!背中を少し丸めるのが良い

ケン、ケン、パッをして着地すると少し前屈みになるはずです。その感覚でアドレスをつくりましょう。「背中をまっすぐに伸ばす」「胸を張って背中を反らせる」などと言われることもありますが、それが自分に合ったアドレスとは言い切れません。普段から猫背気味の人は、アドレスも猫背のままで良いと思います。極端に背中が丸いのは良くないとしても、背中が緩やかなカーブを描くのは理想的です。骨格図を見ても、背骨はややカーブしています。

重心は土踏まずから母指丘の間にのせる。胸を張って背中を反らせるのはかえって不自然。腰痛の原因にもなる。

バランスの良いアドレスのポイントは、重心がツマ先側やカカト側に寄り過ぎないようにすることです。重いものを持ち上げる時のように体の近くでクラブを持てば、重心が土踏まずと母指丘の間にのり、アドレスの姿勢のバランスが良くなります。

3. ドローを打つイメージだからスタンスはクローズが良い

スタンスは基本的にはスクエアですが、インパクトで体の動きにブレーキングを働かせやすくするという意味では少しクローズに構えるのが良いでしょう。ダウンスイングで体が早く開いてしまう動きはツイスト打法の大敵です。その点、クローズスタンスに構えれば体の開きを抑えやすくなります。それに両腕の返しとフェースターンを積極的に使って打つのがツイスト打法ですから、球筋のイメージはまさしくドローです。いろいろな意味で、ツイスト打法はクローズスタンスがマッチしています。スクエアスタンスから両足を少し動かして調整するだけなので簡単です。

スクエアスタンスでも良いが、ツイスト打法に欠かせないブレーキングを働かせやすくするにはクローズドスタンスに構えるのが有利だ。
最初に両ツマ先のラインを飛球線と平行にセットし、それから両足を少し動かして調整する。

ただし、スタンスはクローズでも肩のラインは飛球線と平行にセットすることが大切です。

スタンスはクローズでも肩のラインはスクエア。肩も目標の右に向けるのは避けよう。

4. ボールの位置は左カカトの前からスタンス中央までの間

ツイスト打法は体の正面でボールをとらえるのが究極の理想です。そういう意味では体の真正面、つまりスタンスの中央にボールを置くのが、もっとも体の正面でボールをとらえやすいでしょう。しかし実際は、ボールをスタンスの中央に置くと振り遅れやすいので、ボールが右にしか飛びません。左カカト内側の前に置いたほうがボールがつかまりやすくなります。

ボールをスタンスの中央に置くのは、体の正面でボールをとらえるという意味ではベストだが、右に飛びやすい。
ボールを左カカト内側の前に置けば、フェースが返ったところでインパクトを迎えられるのでボールがつかまりやすい。

振り遅れやすい人は、まず左カカト内側の前にボールを置き、つかまりが良くなってきたところで少しずつスタンスの中央に近づけていくのが良いでしょう。

右足の前に置いたボールをまっすぐ飛ばす練習も、ツイスト打法をマスターするのに大きな効果がある。

5. バックスイングで両腕を右に回したらインパクトで素早く戻す

ツイスト打法は良い意味での手打ちなので、体を回すことよりも腕をしっかり振ることを第一に考えましょう。多くのゴルファーは体を回すことばかり考えて、体へのブレーキングが働かなくてパワーをかなりロスしています。体の回転を止めるくらいの意識が必要です。

体の真正面で両手のひらを合わせてアドレスの形をつくり、バックスイングでは両腕を右側に回旋します。両手が腰の高さくらいに上がった時に左手甲が真正面を指すのが目安です。インパクトで両手が体の正面に戻った時に、右手の甲がすでに真正面を指しているのがツイスト打法のイメージです。体の真正面で両腕を素早く入れ替える感覚がないと、振り遅れが直りません。

6. フェースターンを使えばヘッドスピードが一気にアップ

クラブを持たないで両腕を左右に回旋する感覚をつかんだら、実際にクラブを持ってスイングしましょう。バックスイングで左手甲を真正面に向ければ、フェースが自然に開きます。そしてインパクトの時点で右手の甲が真正面を向くくらいに、両手を素早く返す。こうするとインパクトでフェースが閉じていることになります。

バックスイングで腕を右に回旋してフェースを開く。腕を素早く左に回旋し、体の真正面でフェースターンすればヘッドが走る。

体の真正面で両腕を入れ替えることで、右手が左手を追い越すように振り抜けます。結果的にフェースターンがつかえてボールがつかまりやすくなり、力を入れなくてもヘッドスピードが劇的にアップします。ドライバーが飛ばないと悩む人のほとんどが、この両腕の入れ替えとフェースターンができていません。ツイスト打法は飛ばしに特化した理論です。まずは正しい腕使いを覚えましょう。

インパクトで両手が返らないと振り遅れになり、フェースが開いて当たる。

7. ツイスト打法のグリップは「左手ストロング」「右手ウィーク」

グリップの握り方に関しては、自分が握りやすいと感じられるグリップならOKです。手の大きさや指の長さなど個人差があるので、こう握らなくてはダメという決まりはありません。超ウィークグリップ、逆に超ストロンググリップといった極端すぎる握り方でなければ形にこだわらなくても良いでしょう。

ただ、ツイスト打法にマッチした握り方というのはあります。左手も右手も軽くかぶせるグリップです。左手はややストロングで、右手はややウィーク。雑巾を絞るように両手を少し内側に絞った握り方です。これならスイング中に両手を返しやすく、ヘッドスピードも上がりやすくなります。このグリップを目安にして、自分がしっくりとくる握り方を見つけましょう。

両ワキをほどよく締め、両ヒジを真下に向けた体勢で両手とも少しかぶせて握るのがお勧めだ。
左手を浅く握り、右手をかぶせすぎた極端なウィークグリップはNGだ。

8. 超ストロングに握るとフェースが返りにくい

左手を深くかぶせて右手を浅く握るストロンググリップの方がフェースを返しやすく、ドローが打てると思い込んでいる人が多いのですが、実はまったく逆です。軽いストロンググリップなら良いとしても、左手甲と右手のひらが真上を向くほどの超ストロンググリップは手が返りにくいです。右手のひらを真上に向けたままでスイングする感じなので、フェースターンがしにくくなります。超ストロンググリップはフェースの開閉を抑えたい人や、フェード系の球を打ちたい人向けの握り方で、フェースの開閉を使って打つツイスト打法には適しません。力のない人はドローを打つつもりでフェースターンを使うのが理にかなっています。

左手を深くかぶせ、右手を浅く握る超ストロンググリップは、ツイスト打法には適さない。
両手とも少し内側に絞って握るとテークバックでフェースを開きやすい。テークバックでフェースを閉じるのはツイスト打法の基本からは外れる。

9. テークバックの始動はベルトのバックルと手元が一緒に動く

ツイスト打法は、テークバックの始動も手元から動かせば良いと思われがちです。手元から動かすと、クラブがアウトサイドに上がりやすくなります。だからといってクラブヘッドを先に動かすと、インサイドに低く引きすぎてフェースが完全に開いてしまいます。

バックルを回しながら手を始動させて、それからクラブヘッドが動き出すイメージ。

テークバックの始動では体の回転の助けを借りる必要があります。ベルトのバックルを右に回しながら手元を始動するイメージです。体を回すとテークバックの軌道が安定しやすくなります。右腰の高さまで上がった時に左手甲が真正面を向くのが基準です。フェースの向きは地面とほぼ垂直となります。フォロースルーで左腰の高さまで振り抜いた時のフェース面も地面とほぼ垂直です。

10. バックスイングのテンポは速いほうが飛ばしに有利

バックスイングのテンポは、飛ばしを追求するなら絶対に速いほうが良いでしょう。超スローテンポでクラブを上げて、トップで間をつくるのが間違いというわけではありませんが、それでは切り返しの動きが生まれにくく、反動を使って下ろすことになり、クラブヘッドが加速しません。

クラブヘッドの真後ろにボールを1個置いて、テークバックでこのボールをまっすぐ押すドリルをやると、お腹を速く回して、テークバックで勢いよくクラブを上げていく感じがよくわかります。ヘッドを走らせるのはインパクトエリアだけでなく、バックスイングも同じだと理解しましょう。

クラブヘッドの真後ろにボールを1個置いてまっすぐ押す練習。
クラブヘッドで後方のボールを勢いよく押す感じでテークバックする。できるだけ速いスピードでトップへと向かおう。

11. ボールを遠くに飛ばすためにシャフトのしなりを活用しよう

なぜバックスイングのスピードができるだけ速いほうが良いかというと、シャフトのしなりをうまく引き出すためです。だからといって手先だけの動きで勢いよく上げてもいけません。お腹の回転でなるべく速いスピードでバックスイングすることが大切です。釣りをしている人のキャスティングの要領です。そのイメージがツイスト打法に欠かせないアーリーリリースに直結します。バックスイングでクラブを速く上げることで、実は切り返しの動きがスムーズになるのです。

トップとダウンスイングで右腰の高さまでの間を勢いよく上下に動かす素振りを繰り返すと、シャフトのしなりを使う感じがわかる。速いスピードでバックスイングし、速いスピードで切り返すイメージを持つと良い。

12. 左足をヒールアップすればブレーキングを働かせやすい

「下半身はベタ足で」と前述しましたが、実はバックスイングで左足をヒールアップし、左カカトを踏み込んで切り返すことで、ダウンスイングの動きがスムーズになります。左足のヒールアップで、左足の踏み込みの力をうまく引き出すのです。これも、体にブレーキングをかけるという意味でとても効果的です。

スイング中の体重移動は、とくに意識しなくて良いでしょう。ドライバーショットの場合、右6、左4くらいの体重配分で構えますが、インパクトでは左足をしっかり踏み込んで打つ必要があります。そのためにも左足のヒールアップはツイスト打法に取り入れたい要素です。

左足を踏み込むパワーが体へのブレーキングを生み出し、切り返しのタイミングが整いやすくなる。

13. インパクトのイメージはハンドレート&アーリーリリース

ボールをハンドファーストにとらえるのは理想ですが、最初からこの形をイメージするために体が早く開いて振り遅れてしまうゴルファーは多いです。タイミング良くヒットしたいなら、右足の前でインパクトを迎えるイメージをもつことが大切。右足の前の仮想のボールを打つイメージで、クラブヘッドを速く戻すくらいでないとタイミングが合いません。

タメをつくろうなんて考えては絶対にダメです。ダウンスイングはアーリーリリース、インパクトはハンドレート。右足の前で両手を返してしまうくらいでちょうど良いです。これではボールが左にしか飛ばないと思われがちですが、結果として帳尻が合います。

右足の前にセットしたボールを打つイメージでクラブヘッドを早く戻そう。

 

両手を素早く返してクラブヘッドを早く戻すイメージで帳尻が合う。右手首が手のひら側に折れると(中)、手首をこねてしまう動きになる。右のように左足の前のボールにタイミングを合わせようとすると振り遅れやすい。

14. テークバックで開いたフェースを早く閉じるのがツイスト打法の極意

テークバックで開いたフェースを早く戻さなくてはいけないのは、クラブの重心が大きく関係しています。

クラブヘッドの形状を見てもわかるように、重心がフェース面よりも後ろにあります。テークバックでフェースが開こうとする性質を持っているので、いったん開いたフェースはインパクトの前に早く戻さないといけません。そのためのアーリーリリースであり、ハンドレートのインパクトイメージということです。

NG例。インパクトでクラブヘッドを早く戻す意識がないと、フェースが開きっぱなしで下りてしまう。
開いたフェースを早めに閉じてインパクトへと向かおう。アーリーリリースが大事なポイントだ。

今ではフェースの開閉を抑えたシャットフェース打法がトレンドといわれていますが、これはアスリート向けのスイングで、一般のアマチュアには難しいです。アスリートと一般のアマチュアが目指すスイングは違うということを理解しましょう。

15. バックスイングはボディターン。ダウンスイング以降は手打ち

ここまで、テークバックの始動ではベルトのバックルと手を一緒に動かす、バックスイングで左足をヒールアップする……などと説明してきましたが、最初に体を回さないと説明したことと矛盾しているように思う方もいるかもしれません。ツイスト打法では、バックスイングはボディターン、ダウンスイング以降は手打ちです。バックスイングでは上体と下半身が同じ方向に動くという解釈で良いかもしれませんが、ダウンスイング以降も上体と下半身が同じ方向に動くとパワーロスにつながります。そこで頭を残したり、左足を強く踏ん張ったりといったブレーキングによって下半身を止めておき、回転を制限するのです。

バックスイングはお腹の回転も使うのでボディターンの感覚。ダウンスイング後は下半身を留めて腕を速く振るイメージが強い。頭へのブレーキングは、左ほほを壁に当てるイメージ。左足をしっかり踏み込んで腰の回転にブレーキングをかける。

16. グリップエンドが目標の反対を指すフォロースルーが正しい

「グリップエンドがおヘソを指すようにクラブを振り抜きなさい」とよく言いますよね。しかしフォロースルーでグリップエンドがおヘソを指すと、飛球線の後方から見た時にグリップが見えません。この形のイメージも振り遅れの原因になりやすく、フェースが開いてスライスが多発します。グリップエンドが目標の反対側を指し、シャフトが飛球線とほぼ平行になるのがフォロースルーの理想形です。

フォロースルーの左腰の高さでシャフトが飛球線と平行になる。グリップエンドは真後ろを指すのが正解。

右足の前でインパクトを迎えるイメージでクラブヘッドを早く戻し、両手を素早く返せばシャフトがほぼ飛球線と平行になります。フォロースルーのクラブのポジションはショットの方向に大きく影響しますから、つねにチェックしましょう。

17. ボールをつかまえたら「スイングは終わり」のイメージをもとう

ブレーキングの発想でいえば、インパクトでは腰を逆回転させるイメージを持つのも良いでしょう。アマチュアの方は体を回しすぎる傾向が強いので、むしろ回転を止めておくくらいの意識で「インパクトしたら終わり」のイメージを持つのがおすすめです。それもアーリーリリースとハンドレートのインパクト。フェースターンを使ってヘッドを走らせれば、結果としてフィニッシュが勝手につくられます。

シャフトをしならせてクラブを速く下ろしたところでスイングは終了。結果的にヘッドが走ってフィニッシュまで自然と向かう。
フィニッシュめがけて振るイメージを持つと、体が早く開いてしまいやすい。しっかり振り切るのが理想だが、フィニッシュは結果にすぎない。
体重が右足に残ると悪い意味での手打ちになる。この傾向のある人はバックスイングで左足のヒールアップを取り入れると良い。

 

今回は、パワー不足でもクラブを速く振れるようになるツイスト打法のメソッドを、より親しみやすく、マスターしやすくアレンジした「ネオ・ツイスト打法」をご紹介しました。飛ばせるテクニックにぜひ挑戦してみてくださいね!

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load