BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

PAGE
2 / 13

ツイスト打法の最大のポイントは、インパクトの瞬間のブレーキング

ツイスト打法の一番のポイントは「ブレーキング」です。松山英樹選手のように頭を残して振り抜いたり、最近よく耳にする反力のようにインパクトで両足を蹴って腰の回転を制限したりといった、スイング中の体の動きにブレーキングをきかせることでヘッドスピードを向上させるのです。

頭の動きや腰の回転を制限するのがコツ。

体を回そうとしたり、下半身を積極的に使おうとしたりすると体へのブレーキングが働きにくくなります。ダウンスイングからインパクトにかけて左半身が伸びてヘッドアップしたり、下半身が緩んで上体が突っ込んだりしてしまうのです。

下半身が緩んだり(左)、体を使おうとしすぎてヘッドアップしたり(右)するとヘッドスピードが上がらない。

要は体を使おうとすればするほど体が早く開きやすく、振り遅れやすいのです。そうするとインパクトエリアで両手が返らず、フェースが開いた状態でボールをとらえる結果となります。

ブレーキングを働かせるのは、振り遅れ防止のためです。体が早く開かないようにして、両手を返してクラブヘッドを走らせれば、筋力に頼らなくても簡単に飛距離は伸びます。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load