BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

PAGE
9 / 13

9. テークバックの始動はベルトのバックルと手元が一緒に動く

ツイスト打法は、テークバックの始動も手元から動かせば良いと思われがちです。手元から動かすと、クラブがアウトサイドに上がりやすくなります。だからといってクラブヘッドを先に動かすと、インサイドに低く引きすぎてフェースが完全に開いてしまいます。

バックルを回しながら手を始動させて、それからクラブヘッドが動き出すイメージ。

テークバックの始動では体の回転の助けを借りる必要があります。ベルトのバックルを右に回しながら手元を始動するイメージです。体を回すとテークバックの軌道が安定しやすくなります。右腰の高さまで上がった時に左手甲が真正面を向くのが基準です。フェースの向きは地面とほぼ垂直となります。フォロースルーで左腰の高さまで振り抜いた時のフェース面も地面とほぼ垂直です。

10. バックスイングのテンポは速いほうが飛ばしに有利

バックスイングのテンポは、飛ばしを追求するなら絶対に速いほうが良いでしょう。超スローテンポでクラブを上げて、トップで間をつくるのが間違いというわけではありませんが、それでは切り返しの動きが生まれにくく、反動を使って下ろすことになり、クラブヘッドが加速しません。

クラブヘッドの真後ろにボールを1個置いて、テークバックでこのボールをまっすぐ押すドリルをやると、お腹を速く回して、テークバックで勢いよくクラブを上げていく感じがよくわかります。ヘッドを走らせるのはインパクトエリアだけでなく、バックスイングも同じだと理解しましょう。

クラブヘッドの真後ろにボールを1個置いてまっすぐ押す練習。
クラブヘッドで後方のボールを勢いよく押す感じでテークバックする。できるだけ速いスピードでトップへと向かおう。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load