BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

PAGE
13 / 13

17. ボールをつかまえたら「スイングは終わり」のイメージをもとう

ブレーキングの発想でいえば、インパクトでは腰を逆回転させるイメージを持つのも良いでしょう。アマチュアの方は体を回しすぎる傾向が強いので、むしろ回転を止めておくくらいの意識で「インパクトしたら終わり」のイメージを持つのがおすすめです。それもアーリーリリースとハンドレートのインパクト。フェースターンを使ってヘッドを走らせれば、結果としてフィニッシュが勝手につくられます。

シャフトをしならせてクラブを速く下ろしたところでスイングは終了。結果的にヘッドが走ってフィニッシュまで自然と向かう。
フィニッシュめがけて振るイメージを持つと、体が早く開いてしまいやすい。しっかり振り切るのが理想だが、フィニッシュは結果にすぎない。
体重が右足に残ると悪い意味での手打ちになる。この傾向のある人はバックスイングで左足のヒールアップを取り入れると良い。

 

今回は、パワー不足でもクラブを速く振れるようになるツイスト打法のメソッドを、より親しみやすく、マスターしやすくアレンジした「ネオ・ツイスト打法」をご紹介しました。飛ばせるテクニックにぜひ挑戦してみてくださいね!

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load