BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

PAGE
6 / 13

3. ドローを打つイメージだからスタンスはクローズが良い

スタンスは基本的にはスクエアですが、インパクトで体の動きにブレーキングを働かせやすくするという意味では少しクローズに構えるのが良いでしょう。ダウンスイングで体が早く開いてしまう動きはツイスト打法の大敵です。その点、クローズスタンスに構えれば体の開きを抑えやすくなります。それに両腕の返しとフェースターンを積極的に使って打つのがツイスト打法ですから、球筋のイメージはまさしくドローです。いろいろな意味で、ツイスト打法はクローズスタンスがマッチしています。スクエアスタンスから両足を少し動かして調整するだけなので簡単です。

スクエアスタンスでも良いが、ツイスト打法に欠かせないブレーキングを働かせやすくするにはクローズドスタンスに構えるのが有利だ。
最初に両ツマ先のラインを飛球線と平行にセットし、それから両足を少し動かして調整する。

ただし、スタンスはクローズでも肩のラインは飛球線と平行にセットすることが大切です。

スタンスはクローズでも肩のラインはスクエア。肩も目標の右に向けるのは避けよう。

4. ボールの位置は左カカトの前からスタンス中央までの間

ツイスト打法は体の正面でボールをとらえるのが究極の理想です。そういう意味では体の真正面、つまりスタンスの中央にボールを置くのが、もっとも体の正面でボールをとらえやすいでしょう。しかし実際は、ボールをスタンスの中央に置くと振り遅れやすいので、ボールが右にしか飛びません。左カカト内側の前に置いたほうがボールがつかまりやすくなります。

ボールをスタンスの中央に置くのは、体の正面でボールをとらえるという意味ではベストだが、右に飛びやすい。
ボールを左カカト内側の前に置けば、フェースが返ったところでインパクトを迎えられるのでボールがつかまりやすい。

振り遅れやすい人は、まず左カカト内側の前にボールを置き、つかまりが良くなってきたところで少しずつスタンスの中央に近づけていくのが良いでしょう。

右足の前に置いたボールをまっすぐ飛ばす練習も、ツイスト打法をマスターするのに大きな効果がある。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load