BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツイスト打法を取り入れて今の筋力、体力のまま飛距離アップを狙おう

PAGE
4 / 13

ツイスト打法は、下半身を「我慢」して腕を積極的に振る“究極の手打ち”

ツイスト打法は基本的には手打ちです。「手打ち」と聞くと印象が良くないかもしれませんが、「筋力がない」「柔軟性がない」など体のデメリットを抱えている人でも関係なく実践できる、究極の手打ちと断言しても良いでしょう。

体を回せば腕とクラブが振られるという考え方もありますが、ツイスト打法は「腕を振れば体の回転もついてくる」という考え方です。むしろ体を回さずに腕を振るイメージをもつことを勧めたいくらいです。プロのスイングは腰がしっかり回転しているように見えますが、本人たちは意外なほど腰を回す意識はもっていません。多くのアマチュアはその形だけをまねようとするから間違いが起こるのです。

ツイスト打法はベタ足をキープし、手の返しを使って腕をスムーズに振る。

ツイスト打法では、下半身の「我慢」を教えています。通常のスイングでは下半身は確かに動きますが、積極的に動かすのではなくて「頑張る」ものです。まずは下半身を「ベタ足」にして腕をしっかり振りましょう。それがツイスト打法の出発点です。

フォロースルーで左ヒジが引ける手打ちはNG。両手の返しが使えず、ヘッドスピードが上がらない。
インパクトで右手首が手のひら側に折れるのも悪い手打ちだ。

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load