BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ソロキャンプ女子が急増中!安全性は?持ち物は?場所選びなど知っておくべきポイント

ソロキャンプ女子が安全に楽しむには?

女子のソロキャンプがブームです。

ストレスフルな日常から解放されて、自然の中で自由を満喫し、星空の下で孤独を楽しむ、そこは異次元空間!トム・ソーヤの冒険は男子だけの特権ではありませんよ。

とはいえ、初めての方にはハードルが高いですよね。

そこで今回は、ソロキャンプを安全に楽しみたい女子の皆さんに向けて、次の3つを中心にわかりやすくお伝えします。

  • 想定されるトラブルの対処法
  • キャンプ場の選び方
  • 必要な準備と装備品

安全面を最優先にくわしく解説しています。ソロキャンプに不安を感じている方は、最後までお読みになって、ぜひ参考になさってください。

ソロキャンプ女子が気をつけるべきポイントと対策

①近隣トラブル

女子のソロキャンプでは異性のキャンパーとのトラブルも想定しておきましょう。気軽に話しかけてくる人と親しくなりすぎないように、きちんと距離をとる必要があります。

そのためにはサイト選びも大切です。誰でも自由に場所が選べるフリーサイトではなく、区画サイトを選びましょう。すぐ横に移動してこられる心配もなくなります。

また、両隣のテントには必ずあいさつをしておきましょう。ファミリーならお母さんと言葉を交わして顔見知りになっておくと、困ったときに助けてもらいやすくなりますよ。

②夜間や就寝時のトラブル

夜はソロキャンプの孤独を味わう時間です。キャンプサイトは真っ暗で静まり返っています。しかし、夜行性の動物やよからぬ目的をもった人間は、この時間に出歩きます。

野生動物は、キャンプ場に美味しいものがあることを知っています。食材や食べ残しをテントの周りに放置しないようにしましょう。夜中に動物の気配を感じると怖いですよ。

さて、人間については対策があります。まず、常備灯はずっとつけておきましょう。明るいと眠れない人はアイマスクをするか、シュラフの中に潜り込むといいですね。

小さく音楽やラジオを流しておくのもよい方法です。起きているよというサインを出しておくと、悪事を働きにくくなります。動物より人間のほうが厄介ですね。

③盗難トラブル

ソロキャンプでは、テントを離れるときに荷物の番をしてくれる人がいません。当然、盗難のリスクは高まります。とくに、高価なギアは狙われやすいと思ってください。

貴重品やスマホは肌身離さず持ち歩きましょう。荷物は、すべてテントの中に入れます。一つにまとめず、あえてバラバラで。

テントを離れる際は、南京錠をかけ、ご近所にひと声かけていきましょう。それとなく気にしてくれるはずです。こんなときのためにも、最初のごあいさつが大事ですね。

【初心者向け】ソロキャンプ女子のキャンプ場の選び方

女性が過ごしやすい設備のあるキャンプ場を選ぶ

女子ソロキャンプで、一番迷うのがキャンプ場選びではないでしょうか。通い慣れた場所でないかぎり、初めてのソロならば絶対に有料キャンプ場を選ぶべきです。

無料でも魅力的なキャンプ場はたくさんあります。しかし、管理人さんがいるのは昼間だけで、ひとけが少なく閑散としているところはやめましょう。

景観より何より、設備が整っている有料キャンプ場を強くおすすめします。より安全で便利、しかも快適に過ごせる設備があれば、ソロキャンプの不安要素がぐっと減ります。

具体的には次のような条件を目安にして探しましょう。

  • 24時間管理人さんが常駐している
  • ファミリー層に人気が高い
  • スマホの電波が入る
  • 管理棟に売店がある
  • 入浴施設完備
  • トイレが清潔

「高規格」というキーワードで検索してみる

そこで、好条件のキャンプ場を探すときには「高規格」というキーワードで検索してみましょう。高規格とは基準が高いという意味です。付帯施設も充実しており、ファミリーや初心者も安心して楽しめる、設備の行き届いたキャンプ場です。

経験を重ねるにつれ、求める優先順位は変わってきます。売店がなくても多少トイレが汚くてもお風呂がなくても平気、だけど川釣りは外せないなど。

いつか自分のお気に入りのキャンプ場が見つかるはずです。初めの一歩は慎重に踏み出しましょう。

おすすめのキャンプ場3つ

それでは、初めての女子ソロキャンプにおすすめの高規格キャンプ場をご紹介しましょう。関東圏のキャンプ場のから3つを厳選しました。

大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラ【茨城県】

イチ押しポイント
「至れり尽くせり広々キャンプ場!温泉付き」

その名のとおり広大な公園の一角にあります。公園内には他にも多目的運動広場・テニスコート・スパ施設が完備。敷地の広さを生かした、さまざまな設備が整っています。

<DATA>
所在地:茨城県久慈郡大子町矢田15-1
問い合わせ:0295-79-0031 (10:00~17:00)
大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラ

THE FARM【千葉県】

イチ押しポイント
「農業体験ができる農園キャンプ場!温泉付き」

こちらはなんと農園の中にあるキャンプ場です。宿泊者は畑で収穫を楽しむことができます。グランピング施設やカフェが併設されており、アクティビティも体験できます。

<DATA>
千葉県香取市西田部1309-29
問い合わせ:0478-70-5551(9:00~17:00)
THE FARM

長瀞オートキャンプ場【埼玉県】

イチ押しポイント
「女性専用パウダー&シャワールーム!」

女性にやさしいキャンプ場。ガールズサイトやママと赤ちゃんのための授乳室もあります。ドッグランも併設しているので、ワンちゃんを連れていきたい方も必見です。

<DATA>
埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
問い合わせ:0494-66-0640(9:00~17:00)
長瀞オートキャンプ場

ソロキャンプ女子必須の装備と事前準備

ソロキャンプ女子の必需品

ソロキャンプに必要な道具は次の6つにまとめることができます。

  • テント
  • シュラフ
  • テーブルとチェア
  • ランタンやライト
  • バーナー
  • クッカー

女子ならではの必須アイテムをあげてみましょう。

  • 冷え対策のひざ掛け
  • サニタリーやサプリも入った医薬品セット
  • 防犯グッズ

ほかにも便利なものはたくさんありますが、女子ソロキャンプの装備はコンパクトで軽いのが一番です。修学旅行のようにリストを作ると、考える時点ですでに机上キャンプの世界!楽しいですよ。

ソロキャンプ女子には
前室付きテントが断然おすすめ

ソロキャンプ女子向けのテントは、第一に軽量、そして前室付きが断然おすすめです。鍵付きのテントはないので、ファスナー部分のタブに自分で取り付けましょう。

前室は周囲からの目隠しになり、プライベートな空間が保てます。また、前室に荷物を置くことで居住スペースが広く使えます。もちろん雨に濡れることもありません。

前室付きで評価の高い商品を3つご紹介しましょう。携行性はもちろん抜群で、設営も一人で簡単にできます。フォルムもかっこいいですよ。

FORCLAZ (フォルクラ) TREK 100

Decathlon(デカトロン)の登山用テントです。一万円を切る価格で購入できます。機能性とコスパを兼ね備えた良品。

収納サイズ:39×13×14cm
重量:2.6㎏

Amazonを見る

楽天を見る

テンマクデザイン パンダ

キャンプ場のグリーンに鮮やかに映えるレッド。ソロキャンパーこいしゆうかさんプロデュースの、女子にうれしいテントです。

サイズ:約43×24×13㎝
重量:約2.26㎏

Amazonで見る

楽天で見る

SHONEN TENTショウネンテント

その名も少年テント!少年の心を忘れないキャンパーの秘密基地がコンセプトです。少女の心を忘れないソロキャンプ女子のための少女テントでもあります。

サイズ:48×18×18cm
重量:約3.2㎏

Amazonで見る

楽天で見る

防犯グッズ

ソロキャンプの安全性を高めるために、南京錠以外にも防犯用のグッズを活用しましょう。備えあれば患いなしです。常に携帯するか手元に置き、とっさのときに備えましょう。

防犯ブザー

まず、防犯ブザー。万一、身の危険を感じたら「音」で威嚇(いかく)しましょう。防犯ブザーのけたたましい音は周囲に響き渡るので、たいへん効果的です。

クマよけスプレー

次にクマよけスプレー。相手がクマでもヒトでも顔面めがけて噴射するのは、かなりの勇気とタイミングが必要ですね。自分に噴きかけられないように気をつけてください。

人感センサー/トレイルカメラ

防犯ブザーもクマよけスプレーも使わないですむように、犯罪を未然に防ぐための道具もあります。人感センサーとトレイルカメラです。

人感センサーにはライト型とチャイム型があります。ライト型は人が通るとライトがつく仕組み、チャイム型はチャイムを鳴らして知らせる、どちらもすぐれものです。テントの入り口に設置しておくのが効果的です。

トレイルカメラは、本来は動物の観察用などに無人の野外に設置しておくものです。全天候で使用でき、もちろん夜間撮影もできます。実は防犯カメラに最適なのです。

「録画中」のシールをテントの外側のよく見えるところに貼っておき、カメラそのものはテントの中に固定しておきましょう。車のあおり運転防止にカメラが役立つのと同じです。「撮られる!」とわかると退散しますし、うっかり侵入しても証拠が残ります。

防犯グッズは、どれもホームセンターで買うことができます。種類も豊富で価格も手ごろです。女子のソロキャンプは、キャンプ場と防犯グッズにお金をかけましょう!

ソロキャンプ女子の防犯対策

お酒は控えて!
楽しくても無防備はNG

女子のソロキャンパーの皆さんにとって、「たったひとりの冒険」は心躍る体験。非日常の空間を大いに楽しみましょう。

夜は、焚き火を見つめながらビールやお酒、ワイングラスを傾ける、まさに至福のひとときですね。アルコールは野外で飲むとなおさら人を開放的な気持ちにします。

しかし、ソロです。酔ってしまうと不測の事態に対応できません。また、他人に対してスキをつくることにもなります。酔っている人には誰でも近づきやすくなりますよね。

アルコールは控えめに。できればソロキャンプ中は断酒して、判断力を鈍らせないようにしておきましょうね。

場所が特定できる写真や動画を
リアルタイムでSNSにアップしない

ソロキャンプを楽しんでいる様子や、周囲の自然の美しさをみんなに教えたい!ひとりでいると、人恋しさも手伝って、そんな気持ちになるものです。

家族や友人に知らせるだけならいいのですが、インスタやツイッターなどSNSにアップして拡散させるのは危険です。

居場所を書き込まなくても、景色やちょっとした情報から特定される場合があります。家からアップするのとはわけがちがいます。人里離れたキャンプ場に一人でテントを張っているのです。

知らない人が興味本位で訪ねてきたり、ひそかにあなたをストーカーしている人が会いに来たりする可能性も。SNSの危険性をあなどってはいけません。

一人だと思わせない

ソロキャンプだとわからないようにすることも、防犯対策になります。小さな一人用のテントだと無理があるので、居住性だけではなく防犯上も2人用のテントがおすすめです。

そしてテントの入口には、複数の履物を用意します。就寝時や外出時には、わざとはみ出す形で男性用のサンダルを置いておくのも良い方法ですよ。

いざというときは周囲に助けを求める

ソロキャンプは確かに自己責任を伴う行為です。事件や事故に巻き込まれたり、急に具合が悪くなったりしたときにどうするか、考えておく必要があります。

自分一人で対処するのは間違いです。トラブルに巻き込まれるのが悪いのではありません。あなたに対してトラブルを起こした人が悪いのです。忍耐やがまんは美徳ではありません。誰かの助けが必要な時は、連絡ができるうちに速やかに行動に移しましょう。

深夜に緊急事態が起きた場合、すぐに頼れるのは管理棟のスタッフです。24時間常駐の管理人さんがいる施設を選ぶ重要性がここにあります。連絡先は必ず登録しておきましょう。

ソロキャンプ女子の車中泊も防犯は必須

徒歩でのソロキャンプに比べて、車を使えるソロキャンプは、格段に快適になります。防犯上も有利です。特に女子にとっては、逃げ込める場所そして逃げる手段にもなる車は、たいへん心強い味方といえます。

テントの生地は布やポリエステル、車は金属の箱。どうみても防犯上は車に軍配が上がるでしょう。しかし車も容易にガラスを割ることができます。過信しないようにしましょう。

基本的な防犯対策は、テント泊と同じです。ただ、テントは閉めきると外からは見えませんが、車の窓にはカバーやシェードが必要になりますね。

オートキャンプ場では、キーの紛失にくれぐれも注意しましょう。

事前準備をしっかりして、
安全な女子ソロキャンプを!

ここまで、女子ソロキャンプを安全に楽しむという視点から、いくつかのポイントに分けて解説してまいりました。

  • 区画サイトを選び、トラブルに巻きこまれないように距離感をもって人と接しましょう
  • 野生動物の危険を避けるために、食材や食べ残しはきちんと片付けましょう
  • 夜間や就寝時は常備灯をつけたままにし、ラジオや音楽を流して侵入者を防ぎましょう
  • テントを離れる際は錠をかけ、お隣にひと声かけていきましょう
  • キャンプ場は安全性と快適さを重視して、高規格を選びましょう
  • 装備はコンパクトで軽いものを選び、リスト一覧を作りましょう
  • 冷え性対策・医薬品セット・防犯グッズは女子の必須アイテムです
  • アルコールは控えて、無防備にならないようにしましょう
  • SNSにリアルタイムな情報をアップすると危険を招くことになります
  • 履物を複数用意して一人だと思わせない工夫をしましょう
  • 車中泊では車内が見えないようにカバーをかけ、キーの紛失に気をつけましょう

ソロキャンプにトライする皆さんは、子どものころの夏休みのわくわく感を、今も心に持ち続けるチャレンジ精神旺盛な方々だと思います。日常の疲れた心と体を、童心に返してくれる女子ソロキャンプ。安全性を最優先に入念な準備をして、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load

x