BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

木々の緑ときらめく海を望み、薫る潮風に癒される|横須賀エリア

湘南の最高の眺望を、思うがままに。“おうちリゾート”で贅沢な時間を、心ゆくまで。

湘南の絶景をすべて見渡せる最高のロケーション

横須賀市・佐島の丘の一角。左手には山々の緑、正面には雄大な相模湾に浮かぶ江の島、そして右手を見渡せば壮麗な富士の姿。“これぞ湘南の絶景”のすべてを見渡すことができるロケーションに恵まれたH邸。最優先の課題は、もちろん「この最高のロケーションをどう活かすか」にあったという。

将来、前や隣に別の家が建つことも想定しながら、どうすればいつまでもこの眺望が楽しめるかに熟慮。自ら営む「ワイズホーム」の設計・施工による綿密で緻密な計算のもと、リビングの大開口やバルコニーを配置した。

ベストな眺望を楽しめるよう建物を配置したため、心地よい陽射しが2階ウッドデッキに燦々と注ぎ込む。1階のウッドフェンスの裏にはバスルームがあり、入浴しながら庭を眺めることができる。

特筆すべきは「おうちリゾート」をコンセプトとした、無垢材や珪藻土といった自然素材をふんだんに用いながら、ホテルライクなラグジュアリー感やアッパーな洗練感を演出した点。玄関ドアの板一枚、すべてが造作の対面式キッチン、フロアごとに使い分けたフローリングなど、そのこだわりには妥協はなく“美は細部に宿る”との言葉通り、いっさいの隙がない上質感に溢れた住まい。日常で非日常を感じることができる唯一無二の住まいがここに完成した。

外壁は植物油ベースの自然塗料であるオスモカラーを塗布したレッドシダーをウッドサイディングに。芝生にシンボルツリーを植えた外構の美しさも、心を惹きつける。

緑と家屋の向こうには、きらめく相模湾。「これぞ湘南」というべきロケーションは、まさに憧れの光景。

朝、昼、夕と、日がなウッドデッキでくつろぎ、時々で異なる表情を見せる景色を満喫できる。

リゾート感溢れるテイストの住まい

ゲストを出迎えるエントランスは、まるでリゾートホテルのエントランスのよう。

壁の一部にチークの古材のキューブシートを貼ってライトアップ、さらに花を浮かべた水鉢など異国情緒を感じられる空間。

1階のゲストルームもリゾート感溢れるテイストに設え、テイストを統一。

多忙な毎日を忘れるかのように、休日にはのんびりと外を眺めながらリビングで過ごすことが多いというH夫妻。ウォルナットのフローリングに革張りのソファ、イサム・ノグチのガラステーブルなど、インテリアのトータルコーディネイトも秀逸。

リビングを見下ろすロフトは抜群の収納力を誇る。また、この場所を通り抜けて窓ガラス経由でルーフバルコニーへとアクセスできる。

リビングの一角にはペレットストーブを設置。揺れる炎は室内に暖かさだけでなく、心地よい癒しをももたらしてくれる。

家全体がモノトーン中心の色使いが際立つが、唯一落ち着きのある壁色をプラスしたことで安らぎがもたらされたベッドルーム。床には素足に心地よく滑りにくい麻素材のサイザルを使用しているのもポイント。

寝室の奥には書斎を設置。

ラグジュアリーホテルを思わせるパウダールームは洗練極まる空間。便器は優美な曲線を描くTOTOの「ネオレストNX」を採用。

1階のバスルームもホテルライクな仕上がりに。浴槽に浸かりながら坪庭の緑を楽しむことができる。

明るい光が差し込む対面式のキッチン

対面式のキッチンはすべてを造作で。ベルギーから取り寄せたコーティング素材「モールテックス」を用いたもので、従来のモルタル素材に勝る耐久性と施工の範囲の広さが魅力だ。また背面の収納もすべてが造作のため、レンジや冷蔵庫などの大きさを測ったうえで、すべてがキッチリと収まっている。極め付けは背面収納の奥にはパントリーも設置。扉をつけず、収納だけで空間を間仕切り、食品の保管スペースを確保した。スリット窓があるため、北側であっても明るい光が差し込む。

モールテックスが塗られたキッチンは、全面にフローリングと同じウォルナット材を等間隔で貼り付けたデザイン。1本1本の幅は綿密な計算を重ね、美しく仕上がっている。またキッチンのスタイリッシュさは、天板の薄さもポイント。こうした細部への徹底的なこだわりが、トータルの美しさへと繋がっている。手前の柱はアイアン塗装で仕上げることで、精悍な印象をプラスしている。

キッチンには、グローエ社のスプリング式の水栓を採用。プロ仕様の使い勝手の良さと洗練されたデザインが魅力で、素敵なキッチンを司る重要な役目も果たす。

六角形のデザインが風変わりなキッチンのフローリングタイル。

ミーレの食洗機もジャストな収まり。すべてにムダがない計算し尽くされたデザインは、機能美に満ち溢れている。

注文住宅情報|横須賀エリア

施工ビルダー
ワイズホーム

神奈川県横浜市金沢区六浦4-10-34

ワイズホームの詳細はこちらから。

ワイズホーム|横浜市金沢区【注文住宅ビルダーリスト】

ワイズホーム|横浜市金沢区【注文住宅ビルダーリスト】

2020年09月24日

出典

SHARE

PROFILE

湘南スタイルmagazine 編集部

湘南スタイルmagazine 編集部

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

1998年創刊の湘南を代表するメディア。湘南エリアに住む人と住んでみたい人に向けて、湘南オリジナルのライフスタイルと暮らしを充実させるテクニックを訴求し続ける。

湘南スタイルmagazine 編集部の記事一覧

No more pages to load